LOGIN
ささきつりぐ

みんなで語ろう、ゲーリー・ラフォーンテーン!

2022年3月10日(木)20時〜配信!

FlyFisher編集部=写真と文


故ゲーリー・ラフォンテーンの著書、『The Dry Fly』の翻訳プロジェクトが、現在クラウドファンディングにて支援者を募集しています。

そこで、同時代を過ごした日本のフライフィッシャーの方々に、ゲーリー・ラフォンテーンさんの「すごさ」を語っていただくトークライブを開催いたします。

出演は世界的フライ&フックデザイナーの島崎憲司郎さん、忍野のレジェンド(島崎さん談)、黒石真宏さん、そして翻訳者の東知憲さん。本書『The Dry Fly』の魅力をお聞きします。

写真は打ち合わせのようすです。配信も同じような画面になります


クラウドファンディングサイトはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/556083

「The Dry Fly」特設サイトはこちら
https://the-dry-fly.tsuribito.co.jp/

今回もYouTubeとFacebookからご覧いただけます。

YouTube
https://youtu.be/iXz0aP3WI1Y

Facebook
https://www.facebook.com/FlyFisherMagazine

3月10日20〜21時、ぜひお楽しみください!

2022年3月13日追記
3月10日に配信した「みんなで語ろう、ゲーリー・ラフォンテーン」 ご視聴ありがとうございました。支援金額も目標まで50%を超えることができました。ありがとうございます。配信後、島崎さんからご指摘がありましたので、以下にメールを転記いたします。

「ライブでありがちなことですが、キャツキルの重鎮アート・フリックのタイイングについて私が話しているところで
「あの人はバイスを使わないんですよね」は「あの人はボビン(スレッドボビン)を使わないんですよね」の言い間違いデシタ。←歳のせいで頭のネジが緩んできたようです。
お手数ですが、機会があったら何かの形でメンディングお願いします。」

とのことでした。
島崎憲司郎さん、黒石真宏さん、東知憲さんのおかげで、この釣りの底知れなさにあらためて触れることができました。ありがとうございました!

2022/3/7

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING