LOGIN
アカサカ釣具

リアルなシチュエーションで練習する

ループの角度を調整する

東 知憲=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


IFFF公認マスターインストラクターの東知憲さんによるフライキャスティング・クリニック。

今回のテーマは、「リアルなシチュエーション」。フライの着水から逆算し、まずはどんな感じでフライを水面に落としたいかをイメージ。そしてターンオーバーさせる位置を想定し、ループの角度を調整していきます。

ここで大切なのは、ねらう距離(場所)によってフォルスキャストの角度を変えること。バックキャストは常にターゲットに対して180度の方向に打ち出します。

クリニックでは、木の枝や地面に仮想のターゲットを置き、距離と高さを変えたシチュエーションで練習します。ラインが出ている距離に対してフォルスキャストの角度を変化させるレッスンです。

出演:東 知憲
収録時間:17分8秒

(FlyFisher2014年3月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。




2017/1/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING