FFの祭典を今年も開催!

FLYFISHING & TENKARA TROUT FESTA

FlyFisher編集部=写真と文
数々のブースが並ぶ会場。タックルやウエアのアウトレット販売や、来期モデルを手に取ってみることもできる機会としても人気を集める(2016年)

開催概要
●日時 2017年12月3日(日)
●時間 午前9時~午後4時30分
●場所 川越水上公園(埼玉県川越市池辺880)
●問い合わせ サンスイ池袋店 ☎03-3980-7270 https://sansui1902.jp


サンスイでは、国内外のフライフィッシング関連メーカーがずらり勢揃いする国内最大級のフライ&テンカライベント「フライフィッシング&テンカラ トラウトフェスタ」を川越水上公園で今年も開催します。

イベントでは初心者から上級者まで丸1日楽しめる多彩な企画が満載。デモをゆっくり楽しむのもよし、新製品をタップリ吟味するもよし、さらには家族と一緒にスクールに参加してみるもよし。

会場では「初心者向けキャスティングスクール」や「スペイキャスティングコンペティション」も例年どおり開催されます。イベントの詳しい内容は決まりしだい随時ホームページにアップされる予定で、体験スクールや子どもや女性にもおすすめの鉄鍋料理などもあり、例年以上に家族連れで遊べるイベントとして楽しめそうです。

以下の写真は昨年(2016年12月)開催された同イベントの模様です。

会場内のプールでは、新モデルの試し振りも可能。実際に開発に携わった担当者も来場しているので、直接タックルの解説やアドバイスがもらえる

イベントでは、名手たちのキャスティングデモも開催される。こちらは昨年実施された渋谷直人さんによる、ロングリーダー・ティペットのキャスティング・デモ

キャプチュードのテスターを務める柿沼健二さんもトーナメントで磨いたキャストのコツを解説(2016年)

2017/10/13

おすすめ記事

最新号 2017年9月号

特集は「ウルトラライトな源流旅」。源流には行きたいけど、体力に自信がないし……。そんな人でも装備を軽くすることで、より遠くまで歩くことが可能になります。装備が軽くなって、困ることなんかひとつもありません。ラクチンなUL(ウルトラライト)スタイルの源流釣行を実践している人たちが、その装備について解説してくれます。そのほか、スコットの社長であるジム・バーチ氏のインタビューや、夏に行きたい北海道釣行レポートなども掲載。さらに付録のDVDでは、編集部が選んだ過去の傑作映像を2本収録。まさに永久保存版の一冊です。CONTENTS 008 ニック・タランスキーの東北行脚 日本の鱒釣り 津留崎 健=写真 東 知憲=文 016 [特集] ウルトラライトな源流旅 018 山形県/野川、荒川 逃がした数だけ、上手くなる。 浦 壮一郎=写真・文 024 長野県/梓川水系 160gの焚き火台と、釣りに行こう。 浦 壮一郎=写真・文 030 軽量化が止まらない。ウルトラライトな道具図鑑 浦 壮一郎=写真・文 036 野外では、苦労をこそ楽しむ。火花を飛ばして火をおこしてみよう 040 スコット社長/デザイナー ジム・バーチへのインタビュー 勝俣雅晴=写真、東 知憲=聞き手 048 [連載]尺まで届け! Season 4 遠藤 岳雄・喜久川 英仁=文・写真 054 秋田県/小坂川 炎天下の尺ヤマメ 津留崎 健=写真、渋谷直人=文 059 [連載]魚顔恋図 岡村 享則=文・写真 060 夢見る大人の北海道中膝栗毛 西井堅二=写真、藤本幸人・古田琢巳=文 066 北海道/渚滑川 この夏の、釣り旅オホーツク。 072 ダートバッグと道北の渓流 奥本 昌夫=文・写真 078 Epic社長カール・マクニールへのインタビュー 浦 壮一郎=写真、東 知憲=聞き手 082 [連載]BIZEN’s 月刊フライ生活 備前 貢=文・写真 089 夏の釣りを一層楽しむ、ストラクチャー攻略法 中根 淳一=文・写真 094 神奈川県/三浦半島荒崎港出船 相模湾のシイラゲーム 098 読者参加型虫鑑定 この虫が気になる! 刈田 敏三=解説 100 親子のための野宿の教科書 丸山 剛=写真・文 108 FlyFisher’s Information 111 [連載]プロのブックマーク 鈴木 毅=文 112 連載陣からの寄せ書き 118 [連載]刈田敏三の水生昆虫記録ノート 刈田 敏三=文・写真 124 [連載]水辺の写生帳 柴野 邦彦=文・絵 128 GOODS、PRESENTS 130 次号予告
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING