LOGIN
海人スタイル奄美

フライキャスターズミーティングin 九州

2019年11月23、24日開催しました!

寺島亮嗣=写真と文
《Profile》
寺島亮嗣(てらしま・りょうじ)
1953年生まれ。福岡県在住。渓流とバスでフライフィッシングをはじめ、現在ではソルトウオーターまで幅広く楽しむ。特にサイトフィッシングの釣りが好き。FFIのインストラクターとして、福岡を中心にキャスティングスクールを主催している。


九州・西日本をはじめとして、日本全国のフライフィッシング・キャスティングが大好きでたまらない方たちが11月23.24日、九州福岡に集まった。

このような会は九州では初めてで、遠くは、関東・中京・関西から、九州では、鹿児島。熊本・宮崎・佐賀・長崎・福岡の各県から36人の参加となった。主催は、「FFI キャスティング 九州」(事務局 寺島 亮嗣)。


会場は、博多湾沖に浮かぶ歴史の島、志賀島にある「休暇村・志賀島」。


両日とも、FFIのMCI である東知憲・鈴木寿・筒井裕作・加藤力各氏を迎え、キャスティングクリニックに始まり、各氏のデモンストレーションやスキルチャレンジなどのフィールドワーク、キャスティング理論の坐学を行なった。


九州各地から集ったフライフィッシャーのキャスティングに対する意欲は高く、芝生の各所でMCIを囲んでのキャスティングの練習の輪が広がっていた。

一汗かいた夜は、関西から参加の和氣恒久さんのターポンやヒラマサフィッシングトークを皮切りに各地から参加者の交流と親睦を深めた。

今後は、定期的に開催し、九州各地のフライフィッシング・キャスティングのスキルアップを図るとともに、全国各地とも交流を深めていく予定。

FFI Casting Instructor Certification Program JAPAN


2019/12/2

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING