LOGIN

FF EXPO開催!

ご来場ありがとうございました!

FlyFisher編集部=写真と文

2月11日、「FLY FISHING EXPO」無事開催終了いたしました。

ご来場いただいた皆さまありがとうございました!



本イベントは「フライフィッシングの体験、知識のシェア」をコンセプトとしてトークショーをメインに内容を構築しました。


まずはサクラマスフィッシングのエキスパート安田龍司さんと、スカジットキャストの伝道師、仲野靖さんによる対談。基本的な投げ方、釣り方、ラインシステムの違いだけでなく、ラインのテーパーデザインにまで話がおよびました。制限時間40分内には到底収まらない内容でしたので、この対談はさらに回数を重ねていきたいですね。



次の登壇は嶋崎了さん。渓流のドライフライの釣りにおいて、リーダーシステムが細く、長くなるにつれて正直、出番が少なくなってしまった感のあるスタンダードタイプのドライフライですが、嶋崎さんはここ数年、使用する頻度が増えてきたといいます。その理由と使い方、巻き方まで紹介いただきました。



3番目は、中禅寺湖のエキスパート、キャプチュードの山口直哉さん。聞き役として、ティムコ社の中峰健児さんにご登場いただきました。山口さんが去年中禅寺湖で釣った魚の写真を見ながら、魚種別の釣り方や、ドライフライの魅力などを語っていただきました。



トークイベントのトリは東知憲さんによる、フライキャスティング・ビデオクリップ・クリニック。会場にいる希望者の方々のキャスティングをスタッフがスマホで撮影。その映像を見ながら東さんが解説し、欠点を修正していくという内容でした。同じ映像を繰り返し見ることで、身体の動きを何度も確認できるため、通常のキャスティングレッスンとは違ったエッセンスを得ることができました。



このほか、各社ブースでも、タックルを触るだけでなく、「体験と知識」を共有できる場として意義を見出せたイベントでした。







出展社/協力会社一覧(50音順)
FML
がまかつ
キャナル
C&Fデザイン
シマノ
ティムコ
トラウトアンドキング
マーヴェリック
モーリス(バリバス)
パタゴニア

FLY FISHING EXPO
フライフィッシング・エキスポ

開催日:2019年2月11日(月・祝)
時間:午前10~午後4時
会場:神奈川県川崎市TREX RIVER CAFE(トレックス・リバーカフェ)【MAP

ご来場、ご協力ありがとうございました!

2019/2/13

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING