LOGIN

FF EXPO開催!

ご来場ありがとうございました!

FlyFisher編集部=写真と文

2月11日、「FLY FISHING EXPO」無事開催終了いたしました。

ご来場いただいた皆さまありがとうございました!



本イベントは「フライフィッシングの体験、知識のシェア」をコンセプトとしてトークショーをメインに内容を構築しました。


まずはサクラマスフィッシングのエキスパート安田龍司さんと、スカジットキャストの伝道師、仲野靖さんによる対談。基本的な投げ方、釣り方、ラインシステムの違いだけでなく、ラインのテーパーデザインにまで話がおよびました。制限時間40分内には到底収まらない内容でしたので、この対談はさらに回数を重ねていきたいですね。



次の登壇は嶋崎了さん。渓流のドライフライの釣りにおいて、リーダーシステムが細く、長くなるにつれて正直、出番が少なくなってしまった感のあるスタンダードタイプのドライフライですが、嶋崎さんはここ数年、使用する頻度が増えてきたといいます。その理由と使い方、巻き方まで紹介いただきました。



3番目は、中禅寺湖のエキスパート、キャプチュードの山口直哉さん。聞き役として、ティムコ社の中峰健児さんにご登場いただきました。山口さんが去年中禅寺湖で釣った魚の写真を見ながら、魚種別の釣り方や、ドライフライの魅力などを語っていただきました。



トークイベントのトリは東知憲さんによる、フライキャスティング・ビデオクリップ・クリニック。会場にいる希望者の方々のキャスティングをスタッフがスマホで撮影。その映像を見ながら東さんが解説し、欠点を修正していくという内容でした。同じ映像を繰り返し見ることで、身体の動きを何度も確認できるため、通常のキャスティングレッスンとは違ったエッセンスを得ることができました。



このほか、各社ブースでも、タックルを触るだけでなく、「体験と知識」を共有できる場として意義を見出せたイベントでした。







出展社/協力会社一覧(50音順)
FML
がまかつ
キャナル
C&Fデザイン
シマノ
ティムコ
トラウトアンドキング
マーヴェリック
モーリス(バリバス)
パタゴニア

FLY FISHING EXPO
フライフィッシング・エキスポ

開催日:2019年2月11日(月・祝)
時間:午前10~午後4時
会場:神奈川県川崎市TREX RIVER CAFE(トレックス・リバーカフェ)【MAP

ご来場、ご協力ありがとうございました!

2019/2/13

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING