LOGIN
Bibury Court

“虫らしさ”を印象付けるウイング考

富田 晃弘の場合。「ハネ」で変えるフライの見せ方

富田 晃弘=解説
イミテートするパターンとその見せ(浮かせ)方によって、同じフライでもマテリアルを使い分けることは多い。そのひとつがウイング。それぞれの機能と形を知ることによって、より効果的なフライバリエーションが生まれる。今回は、魚に対してより効果的に「虫の翅」を印象づけるよう、CDC、ハックルティップ、ズィーロンの3マテリアルをチョイス。
この記事は2016年12月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
とみた・あきひろ
1969年生まれ。熊本県南阿蘇村在住。自らが手掛けるバンブーロッドで、本流域を中心にヤマメのライズを追いかけ、毎年ドライフライで良型を手にしている。夏、秋には東北や北海道へも足を運んでいる。

ウイングのアピール力

私の場合、テレストリアル、メイフライ、それぞれのパターンでウイングはとても重要なパーツとなっている。
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。
この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとFujisan(電子書籍を取り扱っているサイトです)へジャンプします。

FLY FISHER 2016年12月号

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2023/12/4

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING