“虫らしさ”を印象付けるウイング考 1/2

「ハネ」で変えるフライの見せ方

富田 晃弘=解説
イミテートするパターンとその見せ(浮かせ)方によって、同じフライでもマテリアルを使い分けることは多い。そのひとつがウイング。それぞれの機能と形を知ることによって、より効果的なフライバリエーションが生まれる。今回は、魚に対してより効果的に「虫の翅」を印象づけるよう、CDC、ハックルティップ、ズィーロンの3マテリアルをチョイス。
この記事は2016年12月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
とみた・あきひろ
1969年生まれ。熊本県南阿蘇村在住。自らが手掛けるバンブーロッドで、本流域を中心にヤマメのライズを追いかけ、毎年ドライフライで良型を手にしている。夏、秋には東北や北海道へも足を運んでいる。

ウイングのアピール力

私の場合、テレストリアル、メイフライ、それぞれのパターンでウイングはとても重要なパーツとなっている。

まずはテレストリアル。ハエやアブ、ハチなどの虫は、意外に春先から水面を流れているのを見かける機会は多い。そしてその全体のシルエットとして、ボディーとウイングの印象が非常に強いと思われる。

特にハチのウイングの長さは、魚にも印象付けられると考えており、結果それがフライの「虫っぽさ」につながると思う。

メイフライの場合も、ハエやアブ、ハチ同様、体全体の構成は、ボディーとウイングが大半を占めている。

羽化に成功した個体のウイングは水面に干渉することなく立った状態だが、おそらく魚が食べやすいのは、ウイングが水面に捕えられて張り付いている状態(飛び立てなくなっている状態)だろうと思う。

そういったようすを演出するためにウイングを広げて水面に張り付くようなパターンにすることが多い。

ウイングを留めたフライを巻く場合、CDC、ハックルティップ、ズィーロンの3つのマテリアルを使用している。ここでは、陸生、水生の虫を、それぞれのマテリアルを使って巻いたパターンを紹介したい。

魚の目先を変えるウイング素材―テレストリアル編

テレストリアルではパラシュートタイプにすることが多いが、これらは本流を釣り上がるような場面で多用している。どちらもシルエットは似ているが、魚に対する印象を変えるために、その時の状況で反応のよいほうを選べるようズィーロンとハックルティップを使っている。
テレストリアル・ハックルティップ
●フック……TMC2487
●スレッド……8/0タンなど
●ポスト……CDC
●アブドメン……フラッシャブー・ブルー
●ソラックス……シールズファー、ダビング材各種
●ハックル……コックネック・各色
●ウイング……ハックルティップ(グレイなど)
フックポイントにウイングが絡まないように、シャンクより上に出すような形で固定。本流のブラインドフィッシングでも効果的な1本。


テレストリアル・ズィーロン
●フック……TMC2487
●スレッド……8/0ブラックなど
●ポスト……エアロドライウィング・FLオレンジ
●ウイング……ズィ―ロン・ブラウンなど
●ボディー……ピーコックアイ
●ハックル……コックネック・各色
ウイングの先端は接着剤などでまとめておく。水面に光が反射しているような状況では、ハックルティップなどよりもきらめき感を得られる。


たとえば、一度すっぽ抜けるような形でフッキングに失敗した魚を、時間帯や日を変えてねらう時などは、ウイングを変えてアプローチする。もう1本のCDCのものはダウンウイング状に留めており、こちらは主にライズしている魚をねらう際に結んでいる。
テレストリアル・CDC
●フック……TMC2487
●スレッド……8/0タンなど
●ボディー……ピーコックアイ
●ハックル……コックネック・ブラウンなど
●アンダーウイング……CDCナチュラル(暗めのカラー)
●オーバーウイング……CDCタン(明るめのカラー)
●インジケーター……エアロドライウィング・FLオレンジ
こちらはライズ用に使用。魚から見た時にウイングに違和感を持たせないよう、アンダーウイングには暗めの配色のCDCを用いている。上側はタンカラーなので視認性もよい。


魚の目先を変えるウイング素材―メイフライ編

次にメイフライの場合。ここで紹介する3本はいずれもライズ用のパターンで、フォルムは全て同じ。ウイングの使い分けとしては、まず水面が波立っている場所ではCDC。そしてフラットな場所を流す時で、水面に光が射している状況では、まずはきらめきで見せるためにズィーロンを使う。

曇天など光量の少ない場合はハックルティップを選ぶようにしている。とはいえ、最初のパターンですっぽ抜けたり、見切られたりすれば、他のウイングが次の選択肢に入ってくることになる。

このほか、瀬の大きな波立ちのレーンを流す時などは、さらに視認性を高めるためにCDCでインジケーターを付けたパターンも用意している。
メイフライ・ハックルティップ
●フック……TMC112TR
●スレッド……8/0イエローなど
●テイル……ハックルファイバー
●リブ……コパーワイヤ
●アブドメン……スレッド
●ウイング……ハックルティップ
●ソラックス……ダビング材・ライトケイヒルなど
ライズ用のメイフライバターン。ウイングはスペント状に広げており、水面に張り付かせるようにする。ハックルを用いる場合は、比較的光量の少ない時が多い。


メイフライ・ズィーロン
●フック……TMC112TR
●スレッド……8/0イエローなど
●テイル……ハックルファイバー
●リブ……コパーワイヤ
●アブドメン……スレッド
●ウイング……ズィーロン
●ソラックス……ダビング材・ライトケイヒルなど
ズィーロンは光量の多い時、きらめき感を表現したい時に使う。水面に張り付かせるようにしているが、メイフライの場合は先端をまとめずに使っている。


メイフライ・CDC
●フック……TMC112TR
●スレッド……8/0イエローなど
●テイル……ハックルファイバ―
●リブ……コパーワイヤ
●アブドメン……スレッド
●ウイング……CDC、モルフォファイバー
●ソラックス……ダビング材・ライトケイヒルなど
CDCウイング版は、水面しっかりと浮かぶために、やや水面が波立っている場所で使用。きらめき感を加えるためにモルフォファイバーをブレンドしている。


使い勝手とアピールカ

ウイングを留めるうえで気を遣いたいのが投射性。テレストリアルのパラシュートパターン2本は、キャスティング時にウイングがフックポイントに絡まないよう、シャンクより下に位置しないように気をつけている。

またハックルティップのほうでは、フェザーの表と裏で色に濃淡があるため、魚に見えるほうを表の濃い面にして巻き留めている。そうすることで、魚へ虫らしさを少しでも強く印象づけられる気がするし、釣り人にとっても多少なりとも見やすくなると思っている。

CDCの場合も同様に、アンダーウイングには色の濃いものを、オーバーウイングには明るめのカラーを選んでいる。

一方メイフライ3パターンの場合も、やはりキャスティング時にフックポイントと絡まないことが条件。ウイングの長さをボディーと同じくらいにして、根元を2回転ほどスレッドで補強し、ウイングが伸びる方向を固定するように心掛けている。

2017/10/9

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING