LOGIN

ウインドノットはやはり無視できない?

実際に強度を計測。

FlyFisher編集部=写真と文
こんなウインドノットはよくできてしまうもの

いつの間にかできていて、ティペットの強度を下げるウインドノット。どのくらい切れやすくなるのか、すぐさま交換すべきなのか……実験で見えた結果をお伝えします。
この記事は2010年10月号に掲載されたものを再編集しています。

1つならば、そのまま釣り続けるのもアリ?

釣りの最中に気が付いても、「まぁこれくらいは……」と見過ごすこともあるウインドノット。特に細く長いティペットを使っている時には、知らぬ間に出来上がっているものだ。

ただ、複数のフライフィッシャーに意見を聞くと、「1つくらいだと、ティペットを交換するのが面倒なので、そのまま釣り続けてしまうことが多い」というのが実際のところ。

とはいえ、ティペットは結び目ができれば確実に耐えられる強度が下がる。そこで、渓流では最も出番が多いと思われる6Xティペットを使い、実際に結び目を作って、どれくらい引っ張り強度が下がるのかを測定してみた。

結果は、実測値を見ても、結び目の数だけ数値は確実に下がるというもの。ただし、その割合はウインドノット1つだと6%なので、「2つできたらティペットを変えるが、1つだとそのまま釣り続ける」という対応も、選択肢としてはあり得るようだ。
   
          
結び目を1つ作った6Xティペットの強度
1回目1.540kg  
2回目1.560kg  
3回目1.500kg  
4回目1.430kg  
5回目1.420kg  
最大・最小値を除く3回の平均1.49(kg)=6%の強度劣化  
※新品の平均強度の実測値は1.59㎏

しかし、6Xティペットで6%という劣化を無視できるものと感がるか、やはりこまめに取り換えるかはその人しだい。万全を期すなら、1つであってもケアしたほうがよいことは言うまでもない。

   
          
結び目を2つ作った6Xティペットの強度
1回目1.175kg  
2回目1.400kg  
3回目1.500kg  
4回目1.555kg  
5回目1.440kg  
最大・最小値を除く3回の平均1.45(kg)=9%の強度劣化  
※新品の平均強度の実測値は1.59㎏

実験に使用した計測器。協力=NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会

2018/1/15

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING