LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

ウエーダーの洗い方│メンテナンス

シーズン中の汚れを落とす

FlyFisher編集部=写真と文

ウエーダーを洗ったことはありますか? 使い続けて「くたびれてきた」ウエーダーも、効果的な手入れをすれば、昔の履き心地が戻るかもしれない。
この記事は2009年12月号に掲載されたものを再編集しています。

ウエーダーは洗ってもよいのか?

ウエーダーを手入れしてみようと考えると、思いつくメンテナンスといえば「洗う」ことくらい。だが、そこで疑問が浮かぶ。

そもそも、ウエーダーって、洗うものなのだろうか? 試しに周囲に意見を求めてみても、裏返して干すのは当然として、洗ったことがある、日常的に洗うようにしているという人は非常に少なかった。「渓流で使うのだから、干すのは当然として、洗濯までする必要はないのでは?」という考えの人がとても多い。

だが、シーズンをとおして水のきれいな場所にばかりに行くとは限らないし、川からの出入りの際に土や泥がこすれるように生地に染み付くこともある。そこで、まずはウエーダーを洗うことにそもそも意味があるのか、ウエーダーメーカー数社の担当者に問い合わせてみた。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/1/29

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING