LOGIN

オオマダラは魚も私も狂わせる。

大型ドライフライでライズを釣る

富田晃弘=文、津留崎 健=写真

国内最大級のマダラカゲロウ、「オオマダラカゲロウ」。この虫と釣りに見せられた富田晃弘さんがハッチの予測、ライズを釣る考え方などを解説します。
FlyFisher MAGAZINE EarlySpring 2020の記事と共にお楽しみください!


《Profile》
富田晃弘(とみた・あきひろ)
熊本県阿蘇郡在住。本流のドライフライの釣りが得意。バンブーロッド・ビルダーでもある。フライ歴29年。

富田さんが熊本県白川で尺ヤマメをねらいます!
動画【魂の100投】熊本県/富田晃弘 編

オオマダラカゲロウ


私がオオマダラカゲロウ(以下オオマダラと略)をこれほど意識しだしたのは、いつ頃だっただろうか?もちろん、ずっと前からその存在は知っていたし、そのライズに当たったこともあったのだが、こんなに私もヤマメも興奮させるとは、以前は思っていなかった。

いったんあのボリュームのある虫が羽化し始めると、普通にドライフライを浮かべても反応がないような水深のある大きなプールで、ヤマメのライズが起こる。しかも日中明るい時間に起こるのだ。

日中短時間で(たったの30分から1時間)集中的に羽化する大きなカゲロウ。体長15~19mmフックサイズにして2XLの#8 ~10、しかも羽化がへたくそなのか、長い間水面をジタバタしながら流れている。これほどのごちそうをヤマメが見逃すはずはない。夢の40cmヤマメが日中ライズする姿が拝めるかもしれないタイミングだ。

オオマダラを予想する



その年のオオマダラのハッチタイミングはは、同じマダラカゲロウであるオオクママダラカゲロウ(以下オオクマと略)を指標に割り出すことになる。というのも、例年オオクマはオオマダラの前にピークが来るためだ。

水温が10.5℃くらいだとオオクマ、12~13℃がオオマダラというのが、私の通う川辺川本流の目安になっている。

ちなみに、モンカゲロウ(以下モンカゲと略)はオオマダラの後にピーク時期が来るため、モンカゲが出始めるということは、その川&流域での、その年のオオマダラは、終わりに近づいていると考えることができる。もちろんオオクマとオオマダラが同タイミングでハッチする時期もあり、またモンカゲが出会始めたからといって、パタリとオオマダラを1匹も見なくなるというわけではない。

※この続きは月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2020/1/21

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2020年3月号 Early Spring

特集
LOCAL FLIES
北海道から沖縄まで、46名の271本。

第2特集
ウエット&ストリーマー、4人のエキスパートによる水中考察

今年活躍するであろう、フライパターンを46名の方々に紹介していただきました。マッチング・ザ・ハッチ用、海のストリーマーや甲殻類、ウエットフライに本流用ストリーマーまで日本の各釣り場に対応したフライが並びます。
このほか、第2特集として、本流のウエットフライとストリーマーの流し方を、概念図を使って解説しています。名手4人全員に同じポイント図を渡し、ラインシステム、立ち位置、キャストの方向、スイングするラインの形など、それぞれのイメージを描き込んでいただきました。各自の共通点、相違点を比較しながら、釣りに役立ててください。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING