LOGIN

オオマダラは魚も私も狂わせる。

大型ドライフライでライズを釣る

富田晃弘=文、津留崎 健=写真

国内最大級のマダラカゲロウ、「オオマダラカゲロウ」。この虫と釣りに見せられた富田晃弘さんがハッチの予測、ライズを釣る考え方などを解説します。
FlyFisher MAGAZINE EarlySpring 2020の記事と共にお楽しみください!


《Profile》
富田晃弘(とみた・あきひろ)
熊本県阿蘇郡在住。本流のドライフライの釣りが得意。バンブーロッド・ビルダーでもある。フライ歴29年。

富田さんが熊本県白川で尺ヤマメをねらいます!
動画【魂の100投】熊本県/富田晃弘 編

オオマダラカゲロウ


私がオオマダラカゲロウ(以下オオマダラと略)をこれほど意識しだしたのは、いつ頃だっただろうか?もちろん、ずっと前からその存在は知っていたし、そのライズに当たったこともあったのだが、こんなに私もヤマメも興奮させるとは、以前は思っていなかった。

いったんあのボリュームのある虫が羽化し始めると、普通にドライフライを浮かべても反応がないような水深のある大きなプールで、ヤマメのライズが起こる。しかも日中明るい時間に起こるのだ。

日中短時間で(たったの30分から1時間)集中的に羽化する大きなカゲロウ。体長15~19mmフックサイズにして2XLの#8 ~10、しかも羽化がへたくそなのか、長い間水面をジタバタしながら流れている。これほどのごちそうをヤマメが見逃すはずはない。夢の40cmヤマメが日中ライズする姿が拝めるかもしれないタイミングだ。

オオマダラを予想する



その年のオオマダラのハッチタイミングはは、同じマダラカゲロウであるオオクママダラカゲロウ(以下オオクマと略)を指標に割り出すことになる。というのも、例年オオクマはオオマダラの前にピークが来るためだ。

水温が10.5℃くらいだとオオクマ、12~13℃がオオマダラというのが、私の通う川辺川本流の目安になっている。

ちなみに、モンカゲロウ(以下モンカゲと略)はオオマダラの後にピーク時期が来るため、モンカゲが出始めるということは、その川&流域での、その年のオオマダラは、終わりに近づいていると考えることができる。もちろんオオクマとオオマダラが同タイミングでハッチする時期もあり、またモンカゲが出会始めたからといって、パタリとオオマダラを1匹も見なくなるというわけではない。

※この続きは月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2020/1/21

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING