水面直下のニンフィング

管理釣り場の低番手アプローチ

菊池 秀二=解説
インジケーターを用いないシンプルなニンフの釣りで、次々とヒットを重ねる。特別なタックルを用いずにできるのもうれしい

管理釣り場でも#4ロッドがあれば、幅広いスタイルの釣りが楽しめる。水面下を漂わせるように誘うニンフの釣りなど、シンプルで繊細、そして多くの反応が得られるテクニックをレポート。
この記事は2016年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
きくち・しゅうじ
栃木県在住。シーズン中は中禅寺湖や湯ノ湖などのフィールドに通うことが多く、シングルハンドからダブルハンドまで、止水域の釣りを得意としている。管理釣り場でビギナーに釣りを教える機会も多い

低番手のメリット

ポンドタイプの管理釣り場でも、#3~4の渓流用タックルをそのまま流用して楽しめる。フライラインも普段使っているダブルテーパーのフローティングでOK。

そんな気軽な釣りを楽しんでいるのが、栃木県に住む菊池秀二さん。「大きなポンドでも、渓流用のロッドで届く10mほどの範囲で充分魚の反応を得ることができます。パワーを優先したロッドよりもやり取りが楽しく、手返しのよいコンパクトな釣りができるので、釣り場が混雑時でも効率よく遊べると思います」
ポンドタイプの釣り場では、どんなスタイルの釣りでもしっかりフライまでターンさせるようにキャスト

気軽な低番手の釣りとはいえ、釣果を犠牲にしているわけではない。もちろん菊池さん自身”釣りやすい“という理由から#4ロッドを愛用しているのだが、おすすめの釣り方のひとつが、ニンフを上層に漂わせて誘うスタイルだ。

DTフローティングラインに全長で15~16フィートとなるリーダーシステムをセットし、オリーブ系のシェニールを使用したニンフを結ぶ。ティペットは4~6Xを使用。魚のサイズが大きい場合は4Xを結ぶが、プレッシャーの高いフィールドではやはり圧倒的に6Xのほうが反応がよい。リーダー、ティペットにはナイロンを使用する。

極遅のリトリーブ

キャストする際は、フライまでしっかりとターンさせて落とす。その後フライラインを”張らず緩めず“の状態で維持するよう、風や波でできた不必要なスラックだけを取るように手もとのラインをゆっくりとたぐっていく。

この時見ているのはフライラインの先端(リーダーの接続部)。アタリがあればその部分がスッと水中に入ったり、横に走ったりするような変化が見られる。
キャスト後、ロッドはラインと直線状にする。風や波でできたスラックをとる程度にラインをたぐり、フライを水面下に漂わせる。そしてアタリはフライラインの先端の動きで判断。ククッと引き込まれたり、横に走ったりすれば魚がフライをくわえた合図。ラインテンションがほとんど掛かっていない状態なので、フライを飲まれないようにすばやくラインを引っ張って合わせたい。ちなみに、逆光でライン先端が見えない時は、少し張り気味にして手もとにアタリが伝わるようにする

そんなアタリが出ればサオを立てたいところだが、サオはそのままに、ラインを強く引くように合わせるのがコツ。その後フッキングを確認してからロッドを立てる。

もちろん高活性時にはアタリが手もとに直接伝わってくることもあるので、常にラインハンドはラインに伝わる反応を”きいている“状態にしていることが大切だという。
フライを水面下に漂わせている間、ラインを”張らず緩めず”の状態にし、常に魚のアタリを感じられるようにする。スラックを取る程度の極遅リトリーブともいえる

フライは水面下30cmほどの層を漂わせるようなイメージ。そのため、ある程度放っておいても水の動きで揺らめいてくれるようなマテリアルを用いたパターンが効果的だとか。
スカッド
●フック……KEN SAWADA ワイドゲイプスロート#12~14
●スレッド……6/0ブラック or ホワイト
●ボディー……メルティヤーン(ダークオリーブ、ライトオリーブ、ラスティーブラウンを同量ブレンド)
基本的には、オリーブのダーク、ライトバージョンの2カラーでほぼすべての状況に対応している。ウエイトは巻いていないので、水馴染みがよいように、太軸のフックを使う


インジケーターも用いず、シンプルなシステムが魅力のアプローチだが、ラインが弛みすぎているとフライを飲まれがちになるので注意が必要だ。

「#3、4ラインは#6ラインに比べて軽く細いので、魚がフライをくわえた時に生まれる抵抗が少なく、食い込みもよいように感じます。そういった意味でも、渓流用のタックルは、プレッシャーの高い管理釣り場の魚を相手にするにはぴったりだと思います。もちろんライトすぎるタックルは、やり取りで不利になってしまうのでおすすめできませんが……」

この釣りは特に水のクリアなポンドで効果的だと菊池さんは話す。サイトフィッシングでも使えるテクニックなので、繊細なアタリを楽しみたいという人にはおすすめだ。
湧水を利用したポンドは透明度が高く、ニンフを使った水面直下の釣りに適している

ライズにも効くユスリカの釣り

管理釣り場にも生息していることが多いユスリカ。ライズはあるのにドライフライヘの反応がイマイチという場合には、水面直下のユスリカの釣りが効果的だ。そんな時、菊池さんは前述したニンフィングと同じシステムで、#16ほどのピューパ・パターンを使用している。
ユスリカ
●フック……KEN SAWADA ワイドゲイプスロート#16
●スレッド……6/0ブラック
●ボディー……ピーコックハール(背中側を瞬間接着剤で固めた後、ウレタンでコーティング。腹側はフリューの毛羽立ちを少しでも残すようにしておく)
ピーコックは太めで丈夫なものを使用し、ソラックス部は三重に重ねるように巻き、ボディー全体にテーパーを付ける


こちらは漂わせるように使うのではなく、積極的に引っ張って魚の反応を探る。引っ張るといってもリトリーブするのではなく、菊池さんはロッドをゆっくりと立てるようにしてフライを動かしていた。
ユスリカの釣りの場合は、ロッドをゆっくり立てるようにして、水面直下を滑らせるようにフライを動かす。表層で食わせるので、魚がフライをくわえればライズリングが見える。なかには背ビレを出して追いかけてくる魚も……

「ユスリカのフライは比較的小さくて硬いので、魚がくわえてもすぐに放してしまいがちです。ラインに変化が表われるような時には、すでにフライをくわえていないことが多いと思います。そのため、常にゆっくりでよいのでラインにテンションを掛けてフライを動かしていることによって、フッキング率を高めています。実際には水面直下を滑らせるような感じで動かしています」

フライのウエイトはフックの重さだけなので、キャスト後すぐにフライを引いてくれば、フライは水面のすぐ下の層をキープし続ける。そのため、魚がフライをくわえればライズリングが見えるので、それを確認して合わせればよい。
ロッドを立ててフライを動かす以外にも、ハンドツイストでも対応できる。一定のスピードでゆっくりと水面直下をトレースしてくる

この時は半分向こうアワセのような形になることが多いので、バイトを感じたら、そのまま引き続けるようにロッドを動かしつつ手もとのラインも引いて、しっかりとフッキングしたことを確認してからロッドを立てる。

もちろん実際のユスリカは水面下をそんなに速く移動するわけではないが、他のスタイルの釣りに比べて、フライを見つけた魚がしっかり食い気を持って追いかけてくることが多いという。

2017/11/13

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING