LOGIN

今さら聞けない水位チェックの基本

インターネットで知る「あの川の今」

FlyFisher編集部=写真と文
家を出る前に、増水していると分かっていれば……

スマホが普及した現在、川の水位なんかはすぐに確認できるようになった。しかし、ただ数字の羅列を見ても、それが何を意味するのかを知らなければ意味がない。水位情報チェックの基本を、ここでしっかり抑えておこう。
この記事は2017年12月号に掲載されたものを再編集しています。

今は増水? 渇水?

おそらくほとんどの人は、釣りに行く前にインターネットでなんらかの情報を集めているだろう。現地の天候はもちろん、最近の釣行を記録したブログだったり、あるいは水位の変動だったり……。ライブカメラの設置された川では、リアルタイムで川のようすが見られる。まったく便利になったものである。

しかしウェブで水位情報を確認しても、実はいまいち釣りに活かせないケースも多い。というのも、川によって平水の基準がさまざまだからだ。

普段の数値を知らずに見ても、それが増水なのか渇水なのか、分からないということもある。とはいえ、せっかく情報がタダで手に入るのだから、チェックしない手はない。「今まで見たことない」などという方は、もったいないのでぜひ活用してはいかがだろうか。

調べるのは簡単。GoogleでもYahoo!でもいいので、「〇〇川水位」などと打ち込んで検索すればいい。数種類のページが出てくるかもしれないが、だいたいは国土交通省の観測所データをまとめているので、そこで水位などを確認できる。

おすすめは「川の防災情報」というページで、検索すると国土交通省の該当ページが出てくる。右上のほうにある「観測所検索」をクリックし、河川名などで検索すればよい。観測所によっては雨量しか出てこないこともあるので、水位も観測されている場所を選ぶとよい。

役内川の例。観測所は「川井」。同じ川でも観測所によって数字は変わるので要注意。ここでは現在の水位状況が分かる。上のほうにある水色の「河川の水位の時間変化」というタブをクリックすると……(下の画像へ)

これが最近の水位変化状況。さらに右上のほうにある「過去一週間のデータ」をクリックすると、そのデータも確認できる。ちなみに単位はメートルだ

こちらが1週間分のデータ。急な増水などがあれば、ここで確認できる。ただしこの時期の平均水位などは、これだけではなかなか分からない

過去の平均値を知るには?

現時点の水位も重要だが、先述のように過去の数値を知らないと、せっかくの情報を活かせない。そこで確認したいのが、同じく国土交通省の「水文水質データベース」というページ。

こちらは過去のデータがまとめてあるので、たとえば数年前の水位データも知ることができる。おおよその平均を知ることができれば、現在の水位が高いのか低いのかも分かるわけだ。

秋田県の役内川を例にすると、春の雪代時期でプラス40cm前後の数値が出ている。これがプラス25cmくらいにまで下がると、上流域で水が澄んでくるという。この時期がだいたい5月中旬以降で、下流の本流域でもライズが始まるようだ。

一方で夏の渇水時期は、マイナス10cmからマイナス15cmあたりが平水くらいになる。このように時期によって基準は変わるので、やはり過去の情報が必要なのだ。

ホームグラウンドの川に関して、だいたいの数字を知っておくと、釣行の際に参考になる。ちゃんと情報を活用する者は、良型を手にするチャンスも増えるのである。
同じく国土交通省の「水文水質データベース」。ここで過去のデータを閲覧できる

年ごと、あるいは任意の期間の情報など、すぐに調べることが可能。観測所によっては、水位以外の情報も分かる

たとえばこちらは、2015年における役内川の水位データ。月ごとの平均水位が分かれば、現在が例年より渇水なのか、それとも増水なのかが分かる。ほかにもさまざまなデータがまとめられているので、確認してみて損はない

2018/2/28

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING