LOGIN

杉浦流本流ギア

道具類は腰回りとバックパックに

杉浦雄三=解説
犀川、宮川などを中心に本流のガイド、スクールも行なっている杉浦雄三さん。今回は、そんな彼がいつもの釣行で使用しているギア類をピックアップ。シーズン中、ほとんどの日に川に立つ名手の道具をご紹介します。
《Profile》
杉浦 雄三(すぎうら・ゆうぞう)
愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なう「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらって腕を磨いている
●TEAL www.teal-flyfishing.com/

ギアを車から出した状態。濡れ物は取っ手付きのプラスティック収納ボックス(トートバック状のもの)に放り込んでおく。ボックスはコストコで購入。

どさっと入れておく。取っ手付きにしている理由は車から宿に簡単に持ち運べるため。解禁当初は、車の中に入れっぱなしにしておくと朝、凍ってしまうから。

ボックスの中にはウエーディングシューズ、ウエーダー、手袋、ベルトが収納されている

ウエーディングベルトのアップ。右からプライヤー、ウエーディングスタッフ、ランディングネット。

キーバックチェーンがランディングネットとウエーディングスタッフにつけられている。

最近ベストを着ないので、ネットはオリジナルのスプリングタイプを愛用。

本流でもプライヤーはバーブを潰すなど、以外に重宝する。

ウエーディングシューズはフェルト+スパイクを愛用。ちなみに、スパイクは3mm×8mmの鍋頭のステンレス・タッピングネジ。このように片足12本ずつ打つのが今までの経験上もっとも滑りにくい

ウエーダーを履いたらSSTジャケットを着用

防水のバックパックを背負って釣りをする。予備のリーダー、ティペット、自撮り用三脚、タオル、財布などを収納。また、空気が入るので、万が一川で転倒しても浮き輪のようになる。

バックパックの左側のショルダーベルトには上から、防水赤外線温度計、クリッパー、フライパッチ、ティペット、カラビナ付きクリップを装着している。

フライパッチはそのランで使うフライをあらかじめセットしている。

立ち込みながらシンクティップを交換する時などにラインをちょっと挟んでおくためのカラビナ付きクリップ。相当な便利グッズ。

右側は防水コンパクトカメラ。撮りたい時にすぐ出せるように、防水カメラを外に出しておく

ストリーマー用とウエット用のフライボックス2つとシンクティップワレットを2つジャケットに入れる。シンクティップは重いものと軽いものに2種類を分けて携帯する

ジャケットの胸ポケットにフライボックス、脇のポケットにワレットを収納


ポイント移動する時のフライのセット方法。リードフライはスネークガイドに引っ掛ける。

リーダーをリールに回してから、ドロッパーはグリップの先端に軽く刺しておく。こうするとドロッパーは暴れない


2018/3/23

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年9月号 Mid Summer

特集
釣り旅東北

第2特集
ディープに踏み込む名手たちのフライ論

今号は日本のフライフィッシングの原風景ともいえる東北へ行ってきました!
秋田、岩手、山形、宮城、福島……。現地のフライフィッシャーにフィールドを案内していただきながら、ポイント選びのコツだけでなく、おすすめのスポットを紹介しています。
また、第2特集として、エキスパートのフライに対する考え方を伺いました。縦巻きハックル、ピーコックのコンプリートを使いこなすウエットフライ、経験をフライに反映するための考え方、ジョインテッドフライ、個性爆発のバスバグ、北海道のビッグドライなどを取り上げます。
好評連載、備前貢さんによる「オホーツク通信」は北海道産マテリアル、エゾジカ・ヘアについて熱く語ります!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING