LOGIN

スプリングクリークで遊ぶ。

名手のフライボックス【黒石真宏】

黒石真宏=解説

名手たちのフライボックスには、様々なヒントが隠されている。彼らがシーズンを通じて愛用しているフライパターンとともに、1軍フライをどのような時に使用しているかについても解説。今回は黒石真宏さんのボックスを紹介。
この記事は2018年<Early Spring>に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
黒石 真宏(くろいし・まさひろ)
1958年生まれ。東京都目黒区在住。桂川忍野地区でのマッチング・ザ・ハッチの釣りに精通している。共著に『サイトフィッシングの戦術』がある。

ソフトハックル・ボックス
最近真っ先に手が伸びるボックスがこれ。ソフトハックルがマイブームなのである。より厳密に言うならば「マッチング・ザ・ハッチ的に使う
ソフトハックル」。フックサイズは8番から24番まで。ブユからモンカゲロウまで、これまで捕食物との関連を確認しながら、バターンの改良なども楽しんできた。

春によく見かけるコカゲロウには16~18番の細身のタイプを選ぶことになる。同20~22番は一年中流下しているユスリカに対応するので、こちらも欠かせない。ともにシャック付きを選ぶことも多い。

これらのライズを釣る時は、できるだけフライが動かないように操作する。ナミヒラタやヒゲナガが羽化する時には、少し動かして釣る。使うのはファー・ボディーで8~10番のパターンである。


パートリッジ&ヘア
●フック:TMC3789 #10
●スレッド:ビーバス6/0・黒
●ボディー:ヘアズイヤー
●リブ:フラットティンセルスモール・金
●ハックル:バートリッジ
オオクママダラカゲロウなどのイマージャーなどを意識したパターン。ヘアズイヤー・ニンフの代わりにも使える


ソフトハックル・ミッジ
●フック:TMC508 #22
●スレッド:ビーバス14/0・茶
●リブ:EXファインワイヤ
●シャック:アストロン・茶
●ハックル:ヘンハックル・茶
シャックを付けている場合はナチュラルに流して使うことが多い


パートリッジ&イエロー
●フック:TMC3709 #16
●スレッド:ビーバス10/0・イエロー
●ボディー:シルクフロス・イエロー
●リブ:フラットティンセルスモール・金
●ハックル:パートリッジ
●ソラックス:マスクラット
ミドリカワゲラなど、黄色っぽいカワゲラやガガンボ、コカゲロウなどをイメージしたパターン


ドライフライ・ボックス
このところ、春のドライフライの出番は減少傾向だが、ドライにはドライにしか果たせない役割があるので、携行しないわけにはいかない。ライズねらいにはDDとクリップルの出番が多い。


コカゲロウDD
●フック:TMC900 #18
●スレッド:ビーバス14/0・茶
●ボディー:EXファインダブ・ライトブラウン
●ウイング:CDC
●テイル:コックハックルファイバー
コカゲロウのライズが確認できたら結ぷパターン


ミッジ・ボックス
ここのところ冬でもオープンしているC&Rの釣り場が増えてきたおかげで、ミッジ用ボックスは休みなしの出ずっぱり状態になっている。ということは自分も釣り場に出ずっぱりということだ。寒い季節でもユスリカの流下はあり、魚たちの常食物になっている。

それがそのまま春の解禁後まで続いていく。感覚的には、あくまでユスリカの釣りがベースにあって、そこにカゲロウ、カワゲラ、トビケラが参入してくるという進行表が当てはまる。

春のミッジはユスリカがメインだが、ブユも見落としてはならない。あらゆる極小パターンを駆使してライズに向き合う釣りは、フライフィッシングの成分を凝縮したような面白さがある。


ニンフ・ボックス
ニンフで、解禁から多用するのはスレンダーニンフである。主にコカゲロウ・イマージャーやユスリカ・ピューパとして使う。オナシカワゲラとしてフェザントテイル、オオクママダラとしてヘアズイヤーの出番が多い。


スレンダーニンフ
●フック:TMC9300 #20
●スレッド:ビーバス14/0・茶
●テイル:コックハックルファイバー・ブルーダン
●リブ:EXファインワイヤ・金
●ソラックス:マスクラット・アンダーファー
テイルをカットして、ユスリカを模したパターンとして使用するケースもある


2019/1/5

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING