LOGIN

Snow Peak×Foxfire「駅直結のフライショップ」

2020年9月18日(金)オープン!

FlyFisher編集部=写真と文

2020年9月18日(金)、大阪駅直結の複合商業施設「ルクア大阪」に、アウトドアメーカー10社のショップが集まった「LUCUA OUTDOOR from ALBi」がオープンしました。同8月31日に閉館となった「アウトドアのアルビ」から人気の8店舗が移転し、ルクア大阪初のアウトドアゾーンのオープンとなりました。

【LUCUA 1100】
住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番地3号 ルクアイーレ6F
TEL:06-6147-5100
営業時間:10:30~20:30
定休日:ルクア大阪に準ずる
HP:https://www.lucua.jp/outdoor/


オープン前日の内覧会には小西里果さんも参加しました!

注目は全国初となるSnow PeakとFoxfireのコラボレーションショップ「LUCUA 1100(ルクア イーレ)」。

両社のアウトドアギアはもちろん、共同開発したフィッシング製品を展開し「キャンプフィッシング」シーンの提案に踏み込んでいます。

両社の共同開発製品となったフライフィッシングのエントリーパックは、フライロッド、フライライン、リーダー、ティペット、完成品フライなどがセットになり4万4000円(税込み)。明日からでもフライフィッシングが始められるセットになっています。



仕事帰りにちょっとマテリアルでも……という好立地がなによりの魅力。


ウエア類だけでなく、ティムコのフライフィッシング製品も充実しています。

ティペット、フロータント、フックといった消耗品類から、スレッドやハックルなどのタイイングマテリアルも展開。

さらにロッド、リール、ウエーダーや偏光サングラスまで、販売ラインナップは「フライ用品も少し扱っている」といったレベルではありません。本気度の高さがうかがえます。



「ここに来ればアイデアが膨らむ!」多くの人たちにとってそんな時間になることでしょう。




フライロッドも充実の展開です。




●「キャンプフィッシング」体験ムービー●


情報解禁に合わせて公開された「キャンプフィッシング」体験ムービー。
新しいことが始まる時はいつでもワクワクします!




こちらは「キャンプフィッシングシーン」を表現した店舗中央エリア。




キャンプ用品って、見ていて飽きないですよね。実用性に優れたモノづくりには感心するばかりです。




収納力、防水性、焚き火を楽しむ時に欠かせない難燃性を兼ねそろえた、まさにコンセプトに合致したSnow Peakのベスト。


ここでしか買えないSnow Peak限定手ぬぐいです。



小西さんの持つリールの奥に見えるのが、同店限定Foxfireランディングネット。柄部にFoxfireのロゴが刻印されています。


これまでもフライフィッシング業界とキャンプ業界が歩み寄る試みは行なわれてきましたが、本格的なショップがオープンするのは例を見ませんでした。

今後はタイイングスクールやエキスパートによるトークショーなども随時開催する予定とのこと。

関西の中心部からフライフィッシングシーンを盛り上げようとする試み。「駅直結のフライショップ」なんてこれまで日本にあったでしょうか? 

「魚を釣る」という喜びに、キャンプの要素を取り入れることで、新たなフライフィッシングの形が見えてくるでしょう。




【LUCUA 1100】
住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番地3号 ルクアイーレ6F
TEL:06-6147-5100
営業時間:10:30~20:30
定休日:ルクア大阪に準ずる
HP:https://www.lucua.jp/outdoor/

2020/10/8

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING