LOGIN
GOOSE FACTOR

ショートレンジこそ、ダブルホール

近距離がメインのドライフライの釣りでもそのメリットは豊富。小さく引いてタイトループを作る渓流ブラインドフィッシングのためのテクニック

里見栄正=解説
ロングレンジを投げる場合に限らず、渓流域の釣りでもダブルホールはメリットが多い

力強いループを生み出すダブルホールだが、近距離がメインのドライフライの釣りでもそのメリットは豊富。小さく引いてタイトループを作る、渓流ブラインドフィッシングのためのホールテクニック。
この記事は2017年3月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
里見 栄正(さとみ・よしまさ)
1955年生まれ。群馬県太田市在住。渓流のドライフライ、ニンフの釣りに精通しており、全国でスクールを行ないながら、さまざまなメディアでフライフィッシングの魅力を発信している。シマノ社のフライロッドの監修にも携わっている。

渓流でホールを入れる3つのメリット

ダブルホールとは、手もとのラインを引くことで強くロッドを曲げて、より力のあるループを繰り出すテクニック。遠投時や風のある状況、さらには重いフライを投げる際には必須となるが、これは渓流域での釣り、3番以下のロッドを使う際にもとても有効になる。

それを実践しているのがドライフライやルースニングの釣りを得意としている里見栄正さん。「渓流でダブルホール」と聞くと、「そんなに遠投しない」、「プレゼンテーション精度が落ちる」、「もっとロッドはコンパクトに振りたい」などという声が聞かれそうだが、里見さんのホールはそうした問題には当てはまらない。

ではどのようなホールかというと、ラインを引く動きをとてもコンパクトに抑えているのが特徴。

「ラインを引く長さは20㎝ほどで、長い時でも30㎝いかない程度。リストだけで引く時もありますので、動画の撮影などでは一見普通のキャストと変わらないと言われることもあります(笑)。しかし、たったそれだけのホールを入れるだけでも、渓流用のロッドであれば充分曲がって力を蓄えてくれるので、ループの推進力はずいぶん変わってきます」
里見さんの場合、ラインを引く長さは20〜30㎝。ラインを握った手の手首を返すように軽くホールを入れるだけ。「時には手首だけでホールを入れていることもあります」とのこと

ではどういった理由で、渓流の釣りでダブルホールを取り入れているのか聞いてみると……

●ロッドの振り幅を小さくできる
●ループが安定する
●ナローループを作りやすい

以上の3点が主なメリットだという。まず「ロッドの振り幅を小さくできる」のは、ホールによって効果的にロッドを曲げているから。利き手だけで振る場合に比べて、空中に保持するラインの長さが同じであれば、ホールを入れたほうがよりコンパクトな動きで効果的なループを作れることになる。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2024/2/20

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
GOOSE FACTOR
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
GOOSE FACTOR

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING