LOGIN

スマートに、スプライス。

段差をなくす、フライラインとリーダーの接続

FlyFisher編集部=写真と文
クリッパーのニードル部分でフライライン先端を通す。しっかりと穴が広がるように爪で押し込む

主に渓流域の釣りで使用する、フライラインとリーダーの接続法「スプライス」。1回結びのあと瞬間接着剤で補強する、釣りを快適にするスプライスの基本形を解説。
この記事は2012年10月号に掲載されたものを再編集しています。

ライン径の違いによる段差を解消

ライントラブルの元のひとつに結び目がある。これをできるだけスマートに、できるだけ数を減らすことでトラブルは未然に防げるわけだが、特に気になるのはフライラインとリーダーの接続部分。

ここはティペットの絡まりや、リーダーキャストの時、また釣りを始める前にラインを引き出す際など、ガイドへの引っ掛かりがストレスにつながることは何かと多い。

ここで紹介するのはスプライスという手法。ご存じの方もいると思うが、基本的にはラインの中にリーダーのバットを貫通させる接続方法のため、ライン径の違いによる段差を小さくできるのが最大のメリット。唯一の出っ張りは結び目だけとなる。

ただしこの方法は、ライン先端の径とリーダーのバット径が近すぎると貫通ができなかったり、ラインのコア材によっては不向きなものがあるなど、どんなアイテムでも可能というわけではない。

とはいえ、特に渓流域でのライントラブルや、キャスト時のターン能力をティペットまでしっかり伝えることなどを考えると、積極的に活用したい方法。ここではそんなスプライスの基本形を取り上げてみた。

スプライス + 1回結び + 瞬間接着剤の基本形

今回紹介するのは、20フィート以上のロングティペット・リーダーシステムで良型をねらい続ける、秋田の渋谷直人さんの例。スプライス後の結びをラインに食い込ませることで、出っ張りをほとんどなくすのが特徴。ニードルに刺したラインがL字型になるようにしっかり押し込んで、抜いたあともそのままの形状でスプライスする

① クリッパーの後ろに付いた短いニードルをフライラインに挿し込み、ラインを折り曲げるようにして針先をラインから突き出す。ラインはL字にクセがつくまでしっかり押し込む


② 先端が尖るように斜めにクリッパーでカットしたリーダーのバットを、ニードルから引き抜いたフライライン(L字に曲がった状態を保っておく)に挿し入れる。この時カットしたバットの長い側が上を向いた状態で行なうとスムーズ


③ ここでうまくリーダーのバットが入らない場合、または入るが先端が出てこないといった時は、ラインをもう一度クリッパーのニードルに突き刺し、指でしっかり押し込んで出口となる穴が広がるようにしてから再度トライする


④ 貫通させたリーダーのバットをいくらか引き出し、ラインを1回転で結ぶ。締め込む際は濡らしてからバット側とティペット側を同時に引いてしっかり締め込む


⑤ 結びコブができるまで①を引っ張り、ある程度コブが小さくなったら②も引っ張って締め込み、最後は口も使って①②③を均等に引いて最後は結び目がラインに食い込むようにする


⑥ 食い込んだ結び目と、リーダーが出ているラインの先端部に瞬間接着剤を塗布すれば完成。結び目がラインに食い込んでいれば、出っ張りがなくてスムーズ

結び目には瞬間接着剤を1滴付ければ、ラインとリーダーの接続は完成

2018/4/17

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING