LOGIN
海人スタイル奄美

【スプライス】フライラインとリーダーの結び方

段差をなくす、フライラインとリーダーの接続

FlyFisher編集部=写真と文
クリッパーのニードル部分でフライライン先端を通す。しっかりと穴が広がるように爪で押し込む

主に渓流域の釣りで使用する、フライラインとリーダーの接続法「スプライス」。1回結びのあと瞬間接着剤で補強する、釣りを快適にするスプライスの基本形を解説。
この記事は2012年10月号に掲載されたものを再編集しています。

ライン径の違いによる段差を解消

ライントラブルの元のひとつに結び目がある。これをできるだけスマートに、できるだけ数を減らすことでトラブルは未然に防げるわけだが、特に気になるのはフライラインとリーダーの接続部分。

ここはティペットの絡まりや、リーダーキャストの時、また釣りを始める前にラインを引き出す際など、ガイドへの引っ掛かりがストレスにつながることは何かと多い。

ここで紹介するのはスプライスという手法。ご存じの方もいると思うが、基本的にはラインの中にリーダーのバットを貫通させる接続方法のため、ライン径の違いによる段差を小さくできるのが最大のメリット。唯一の出っ張りは結び目だけとなる。

ただしこの方法は、ライン先端の径とリーダーのバット径が近すぎると貫通ができなかったり、ラインのコア材によっては不向きなものがあるなど、どんなアイテムでも可能というわけではない。

とはいえ、特に渓流域でのライントラブルや、キャスト時のターン能力をティペットまでしっかり伝えることなどを考えると、積極的に活用したい方法。ここではそんなスプライスの基本形を取り上げてみた。

スプライス + 1回結び + 瞬間接着剤の基本形

今回紹介するのは、20フィート以上のロングティペット・リーダーシステムで良型をねらい続ける、秋田の渋谷直人さんの例。スプライス後の結びをラインに食い込ませることで、出っ張りをほとんどなくすのが特徴。ニードルに刺したラインがL字型になるようにしっかり押し込んで、抜いたあともそのままの形状でスプライスする

① クリッパーの後ろに付いた短いニードルをフライラインに挿し込み、ラインを折り曲げるようにして針先をラインから突き出す。ラインはL字にクセがつくまでしっかり押し込む

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/4/19

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING