LOGIN

クイルウイングの取り付け方

ウエットフライのワンポイント・アドバイス

安田 龍司=解説

ウエットフライのポピュラーなウイングでもある「クイルウイング」。今回はその留め方をワンポイント・アドバイス。
この記事は2015年11月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
安田 龍司(やすだ・りゅうじ)
1963年生まれ。愛知県名古屋市在住。ストリーマーやウエットフライの釣りを得意としており、九頭竜川のサクラマスねらいの釣りをはじめとして、新潟や北海道の本流などの経験も豊富。正確な釣りのテクニックに裏打ちされたタイイング技術にも定評がある。

今回紹介するのはブラックカラーのクイルウイング。安田さんは本流のレインボーやサクラマスの釣りに結ぶパターンに採用している。

特に濁っている状況やイブニング時など、川の中が暗い時に効果的な1本。安田さんの1軍パターンでもあるウィットグリーンなどで反応がない時、魚の目線を変えるという意味でも効果的なパターンだという。

次からは、ウイングの固定方法に絞って、そのコツを解説する。

まずはフェザーの中ほどから、片方のウイングを根元から切り取る。そして対になっているフェザーの同じ箇所から、もう片方のウイングも同じようにカット

左右のウイングをカットしたら、2枚の「裏側」同士を重ねる。この時にまずは先端を合わせて、さらに幅を重ねて調整。片方の幅がある場合は、余分を取り除いて調整する

2枚のウイングを合わせた後は、一度真っすぐにしてから、下側に曲げる。こうすることで、ウイング先端の形を調整。基本的にはファイバーの長い側を上にする

ウイングの形を調整後、カットした根元側も極端に斜めになっていないかチェック

ウイングの後端がタグのあたりになるように留めるのが目安。まずは固定する前に長さを確認。ちなみに、ウイングを美しく取り付けられるよう、アイのすぐ後ろに留めるマテリアルは、事前にシャンクの下側に固定しておくことようにしている。

ウイングをアップアイのシャンクに留める場合、安田さんは写真のようにウイングを浮かせた状態でスレッドを掛ける。アップアイの場合では、ウイングをシャンクに当てた際にアイ付け根部分のカーブによってバラけてしまいがちなので、浮かせた状態で作業する

マテリアルをシャンクから離してスレッドを1回掛けたら、そのまま真下方向にウイングを縦に絞り込むようにスレッドを落とす。この時、マテリアルを保持した左手は離さないよう注意

左手を離し、ウイングが跳ねすぎず、寝すぎず、写真のような状態で固定されたのを確認したら、さらにスレッドを数回掛けてしっかりと固定

余分のマテリアルをカットしたら、ヘッドの形を整え、セメントを塗って完成
ピーコックブラック
●フック……TMC7999 #4~8
●スレッド……16/0 ブラック
●タグ……ミラージュOPL SM
●テイル……コックネック・ブラック
●リブ……ソフトワイヤー・レッド S
●ボディー……ピーコックハール・ダイドブラック
●スロートハックル……コックネック・ブラック
●ウイング……ピーコック・ブラッククイル


2017/12/11

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING