LOGIN

クイルウイングの取り付け方

ウエットフライのワンポイント・アドバイス

安田 龍司=解説

ウエットフライのポピュラーなウイングでもある「クイルウイング」。今回はその留め方をワンポイント・アドバイス。
この記事は2015年11月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
安田 龍司(やすだ・りゅうじ)
1963年生まれ。愛知県名古屋市在住。ストリーマーやウエットフライの釣りを得意としており、九頭竜川のサクラマスねらいの釣りをはじめとして、新潟や北海道の本流などの経験も豊富。正確な釣りのテクニックに裏打ちされたタイイング技術にも定評がある。

今回紹介するのはブラックカラーのクイルウイング。安田さんは本流のレインボーやサクラマスの釣りに結ぶパターンに採用している。

特に濁っている状況やイブニング時など、川の中が暗い時に効果的な1本。安田さんの1軍パターンでもあるウィットグリーンなどで反応がない時、魚の目線を変えるという意味でも効果的なパターンだという。

次からは、ウイングの固定方法に絞って、そのコツを解説する。

まずはフェザーの中ほどから、片方のウイングを根元から切り取る。そして対になっているフェザーの同じ箇所から、もう片方のウイングも同じようにカット

左右のウイングをカットしたら、2枚の「裏側」同士を重ねる。この時にまずは先端を合わせて、さらに幅を重ねて調整。片方の幅がある場合は、余分を取り除いて調整する

2枚のウイングを合わせた後は、一度真っすぐにしてから、下側に曲げる。こうすることで、ウイング先端の形を調整。基本的にはファイバーの長い側を上にする

ウイングの形を調整後、カットした根元側も極端に斜めになっていないかチェック

ウイングの後端がタグのあたりになるように留めるのが目安。まずは固定する前に長さを確認。ちなみに、ウイングを美しく取り付けられるよう、アイのすぐ後ろに留めるマテリアルは、事前にシャンクの下側に固定しておくことようにしている。

ウイングをアップアイのシャンクに留める場合、安田さんは写真のようにウイングを浮かせた状態でスレッドを掛ける。アップアイの場合では、ウイングをシャンクに当てた際にアイ付け根部分のカーブによってバラけてしまいがちなので、浮かせた状態で作業する

マテリアルをシャンクから離してスレッドを1回掛けたら、そのまま真下方向にウイングを縦に絞り込むようにスレッドを落とす。この時、マテリアルを保持した左手は離さないよう注意

左手を離し、ウイングが跳ねすぎず、寝すぎず、写真のような状態で固定されたのを確認したら、さらにスレッドを数回掛けてしっかりと固定

余分のマテリアルをカットしたら、ヘッドの形を整え、セメントを塗って完成
ピーコックブラック
●フック……TMC7999 #4~8
●スレッド……16/0 ブラック
●タグ……ミラージュOPL SM
●テイル……コックネック・ブラック
●リブ……ソフトワイヤー・レッド S
●ボディー……ピーコックハール・ダイドブラック
●スロートハックル……コックネック・ブラック
●ウイング……ピーコック・ブラッククイル


2017/12/11

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING