LOGIN

オオマダラ戦記 vol.2 中国地方

スーパーハッチと尺アマゴのフライ選択

渋谷直人=写真と文

九州のライズの名川、川辺川に引き続き向かったのは中国地方。ここでもたくさんのオオマダラカゲロウのハッチが見られたが、そんな状況でも展開を読んで釣りを組み立てなければ、そう簡単に尺アマゴはフライをくわえてはくれないのだ。

《Profile》
渋谷 直人(しぶや・なおと)
1971年生まれ。秋田県湯沢市在住。バンブーロッド・ビルダー。地元の伝統工芸である漆塗りの職人として生活しながら、自ら制作するバンブーロッドと全長20フィートを越えるロングティペット・リーダーで尺ヤマメを追い求める。鋭い観察眼から生まれる理論やフライパターンも注目に値する。
●公式ホームページ www.kawatsura.com/
 

暴風の中のスーパーハッチ/島根県・高津川

川辺川の興奮も冷めないまま、近年続けて通っている広島でスクールを開催させていただいた。土日で趣向の違うメンバー入れ替えのスクールだったが、沢山の方々に集まっていただき感謝である。

それぞれのレベルで意義のあるものになってくれていると嬉しいのだが、どうだったのであろうか。このようなイベントは次回があれば良しで、無ければ僕の努力不足と思うようにしているが、毎回全力で可能な限り伝えようとしているので、結果はしかたがないくらいの気持ちでは挑んでいる。

4月14日土曜日は数名の常連メンバーでの島根スクールであるが、実はオオマダラのタイミングに合わせた僕のハッチ予想確認でもある。ポイントも僕が勝手に選んで、朝からデモを行ないながら上級者向けの説明をした。25cmくらいの綺麗なヤマメが2尾出て、条件は良さそうである。

そこから個人的に20分交代くらいで釣りあがったが、やはり反応もライズも増えてきておもしろいスクールになった。お昼には雨が降り出し、オオマダラの予感がしたので下流に移動した。この雨がまた暴風雨になってしまい、道の駅の屋根の下でお昼を食べてから川に降りることになった。

プールは波立つくらいの風で、風速は軽く10mは超えている。しかし、と言うかやはり、このタイミングでオオマダラのスーパーハッチが起こったのだ。
高津川にて。暴風になる直前にライズが多発! このプールは尺の実績が多い。この下流から、ダムに水を取られて水量が減るため、ここから5km程がよい規模の本流になる

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2018/6/14

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING