LOGIN

オオマダラ戦記 vol.2 中国地方

スーパーハッチと尺アマゴのフライ選択

渋谷直人=写真と文

九州のライズの名川、川辺川に引き続き向かったのは中国地方。ここでもたくさんのオオマダラカゲロウのハッチが見られたが、そんな状況でも展開を読んで釣りを組み立てなければ、そう簡単に尺アマゴはフライをくわえてはくれないのだ。

《Profile》
渋谷 直人(しぶや・なおと)
1971年生まれ。秋田県湯沢市在住。バンブーロッド・ビルダー。地元の伝統工芸である漆塗りの職人として生活しながら、自ら制作するバンブーロッドと全長20フィートを越えるロングティペット・リーダーで尺ヤマメを追い求める。鋭い観察眼から生まれる理論やフライパターンも注目に値する。
●公式ホームページ www.kawatsura.com/
 

暴風の中のスーパーハッチ/島根県・高津川

川辺川の興奮も冷めないまま、近年続けて通っている広島でスクールを開催させていただいた。土日で趣向の違うメンバー入れ替えのスクールだったが、沢山の方々に集まっていただき感謝である。

それぞれのレベルで意義のあるものになってくれていると嬉しいのだが、どうだったのであろうか。このようなイベントは次回があれば良しで、無ければ僕の努力不足と思うようにしているが、毎回全力で可能な限り伝えようとしているので、結果はしかたがないくらいの気持ちでは挑んでいる。

4月14日土曜日は数名の常連メンバーでの島根スクールであるが、実はオオマダラのタイミングに合わせた僕のハッチ予想確認でもある。ポイントも僕が勝手に選んで、朝からデモを行ないながら上級者向けの説明をした。25cmくらいの綺麗なヤマメが2尾出て、条件は良さそうである。

そこから個人的に20分交代くらいで釣りあがったが、やはり反応もライズも増えてきておもしろいスクールになった。お昼には雨が降り出し、オオマダラの予感がしたので下流に移動した。この雨がまた暴風雨になってしまい、道の駅の屋根の下でお昼を食べてから川に降りることになった。

プールは波立つくらいの風で、風速は軽く10mは超えている。しかし、と言うかやはり、このタイミングでオオマダラのスーパーハッチが起こったのだ。
高津川にて。暴風になる直前にライズが多発! このプールは尺の実績が多い。この下流から、ダムに水を取られて水量が減るため、ここから5km程がよい規模の本流になる

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2018/6/14

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2022年3月号 Early Spring

【特集1】ツーハンド・キャスティングを分かりたい
【特集2】超巨大フライ列伝!

多くのフライフィッシャーが混乱している、Dループを使うツーハンドのキャスティングにフォーカスしました。
スペイキャスト、アンダーハンド・キャスト、スカジットキャスト、止水のスペイキャストと大きく4つに分け、自身もフライフィッシャー・インターナショナルのマスター・ツーハンドキャスティングインストラクターの資格を持つ東知憲さんが、それぞれの名手にインタビューします。
それぞれのスタイルの出自、対象フィールドと魚をイメージできれば、違いが理解しやすくなりそうです。

第2特集は、全長20cmほどの巨大ストリーマーを紹介します。軽いものを遠くになげるという、フライフィッシングの成り立ちとは真逆をいく、ビッグ&ヘビーなフライのタイイングと考え方を紹介します。

そして今号は第3特集まであります。管理釣り場エキスパート4名に密着しました。彼らに共通するのは、すべてにおいて「緻密」であること。魚釣りとしての技を紹介します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING