LOGIN
Bibury Court

#6ロッドで楽しむ バスフィッシング

長野県/野尻湖 シケーダパターンで誘う

中峰 健児=文
nojiri-01 湖面に浮かんだシケーダパターンにバスが急浮上して食いついてくる

渓魚もなかなか活性が上がらない猛暑日が続くこんな季節は、ポカーンとセミパターンを湖面に浮かべてみたい。そんなフライにボトムから勢いよく突進してくるスモールマウス・バスは、トラウトフィッシングにも通じる要素を持った、夏の好ターゲットだ。

この記事は2014年10月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
なかみね・けんじ
1968年生まれ。千葉県千葉市在住。ティムコ社でフライフィッシング関連の輸入業務を担当。中禅寺湖や芦ノ湖、阿寒湖など湖のフライフィッシングを得意としている。アメリカでもフライでのバスフィッシングを体験しており、日本ではシケーダ・パターンを使ったドライフライの釣りも楽しんでいる。

夏こそおすすめ

梅雨明け宣言の後はいきなり猛暑目の連続。うだるような暑さにすべての行動意欲がそがれ気味になる……というのは私だけではないだろう。フライフィッシャーにとってもこの時期は、一部の源流ファンを除いて足を運ぶフィールドに迷うことも多いようだ。もちろん北への遠征やオフショアのシイラ、カツオ、ハイランドレイクでのボートフィッシングなど、このシーズンならではの選択肢はある。だが今回は一味違うボートフィッシング、スモールマウス・バスのドライフライの釣りを紹介したい。

訪れたのは長野県北部に位置する野尻湖。福島県の桧原湖と並ぶ日本屈指のスモールマウス・バス(以下スモール)のフィールドだ。標高約650m、最大水深約38m、周囲15.6㎞の自然湖で、都内からは300㎞弱の距離があるが、上信越自動車道・信濃町ICから程近く、アクセスは極めて良好だ。湖岸には多くのレンタルボート屋さんが建ち並び、ローボート(手漕ぎ)のみならず免許不要のエンジン船やエレクトリックモーター搭載艇も選べるのがうれしい。もちろん、オカッパリでもねらうことも可能だが、ボートを使えば釣れる範囲がぐっと広がり、さらにゲーム性が高まることは間違いないだろう。
nojiri-02 野尻湖は、いかにも山上湖といった高原の雰囲気に包まれたフィールド。夏こそこんな湖面の釣りが面白くなる

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2017/7/18

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING