LOGIN

マシュマロ大好き!

フライの雑誌さん、面白いです。

FlyFisher編集部=写真と文


今回の「フライの雑誌」の特集は、「シマザキ・マシュマロ・スタイル」です。私も編集者として島崎憲司郎さんとお付き合いいただいていますが、今回のマシュマロ特集、楽しく読ませていただきました。

なぜなら、私もマシュマロの大ファンだからです。

バックファイヤーダンやヘアラーバなどもバリバリ使っていますが、マシュマロピューパ(フライの雑誌さんでは「正調マシュマロピューパ」と表現されています)も相当お世話になっています。


写真は島崎さんご本人からいただいた、正調な「正調マシュマロピューパ」。自宅のタイイングデスクの上に飾らせていただいてます


私はマシュマロピューパを完全にウエットフライとして使っています。スイングさせたり、レーンに沿って縦に送り込んで、チョンチョンと……。別にカディスの状況じゃなくても、関係なく釣れる印象です。


世にすばらしいフライタイヤーはたくさんいらっしゃいますが、私が僭越ながら島崎さんのフライに魅かれる理由は膨大な知識に裏付けられた「ぽさ」、というか「見立て」です。

虫っぽい、エサっぽい、そして、フライっぽい。


こういういい感じのモサモサにならないんです


こうすれば、虫の羽根っぽく見えるとか、ソラックスで使った素材をアブドメンにも少し使うことで、本物らしいまとまった印象になる、とか、時にはミュラー・リヤー錯視(矢印の向きによって直線の長さが違って見えるアレです)的なことまで盛り込んでフライを巻いていらっしゃいます。

なにか特定のものを厳密に模すのではなく、(人間も含めた)生き物の認識というフィルターをとおして自然を再構築して、それをフックの上に表現する、という感じ。「正調ピューパ」のアブドメンのオリジナルカラーがグレーというのも好きです。

以前、私が巻くマシュマロピューパが島崎さんが巻いたもののようにお尻の部分がシュッとすぼまらないのを「どうすればよいのでしょうか?」と相談した時、「エアロドライウィングを結んだイトを少し余らせればそれっぽく見えるんだよ」と教えていただきました。

たった数mmイトを余らせるだけですが、フライの見栄えがまったく違いました。

こういう考え方にシビれます。


作ったアブドメンをこのようにウレタンチューブに入れておくとクセがついていい感じになるとも教えていただきました


今号の「フライの雑誌」。


画像をクリックすると「フライの雑誌社」ウエブサイトにジャンプします

あまりに共感してしまったので、勇み足的に書いてしまいました。

失礼いたしました!(滝)

2019/11/2

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING