LOGIN

マラブー。由来と使い分け

オリジナルから広がるバリエーション

岩崎 徹=解説

現在手に入るマラブーにはいくつかの種類がある。フライのサイズや部位に応じて使い分け、理想の泳ぎを得るためには、それぞれの特徴をまず頭に入れておくと役に立つはず。
この記事は2012年1月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。

主流はターキー。そのほかニワトリやイーグルも

ウエットフライやストリーマーパターンに欠かせないマテリアル、マラブー。本来はアフリカハゲコウ(英名:Marabou stork)という鳥のフェザーである。

かつてはヨーロッパで女性用の装飾品などに使われていたが、現在では捕獲が禁止されているため、代用品としてはターキ—の羽根がおもに出回っている。そして、それらを含めてマラブーと呼んでいるのが現状だ。
アフリカハゲコウは、アフリカ大陸の熱帯地域に分布するコウノトリの一種。群れで生活しながら木の上に巣を作る。マラブーとは本来この鳥の下尾筒(尾の下のフサフサしている部分)付近に生えている柔らかいフェザーのことを差している。ちなみにハゲ頭の理由は、動物の死骸に首を突っ込んで食べやすいためとか。国内でも飼育している動物園があるので、興味のある人は実物をのぞいてみてはいかが?(写真提供=千葉市動物公園)

これがアフリカハゲコウの下尾筒のフェザー。他のマラブーとの大きな違いは、ストークのすぐ近くからフリューが密に生えた長めのファイバーが伸びていること。他のマラブーと比べるとやや軽い印象を受ける

ほかにもニワトリや猛禽類などのものがあり、ことフライのマテリアルとして見た場合には、ファイバーやフリューの長さによって使い分けができる。

まず、主流となっているターキーのマラブーは、ファイバー、フリューがともに長めであるのが特徴。これは水流を受けて柔らかく揺れやすい。

また、少量でも膨らんで見えるため、フライにボリュームを持たせたい場合に適している。モンタナマラブーのようなストリーマーのテイルなどに向いている。
ターキーマラブー。ストリーマーのウイングやテイルとしての使い方はもちろん、ニンフのギルやウイングケースにも使える汎用性の高さが特徴。ファイバー先端にいくほどフリューは短くなる

このほか、グリズリーマラブーやミニマラブーのように小さめのタイプに多いのがニワトリのマラブー。ファイバーが短くて細いため、小さいサイズのフライに適しているほか、ウエットフライやストリーマーのスロート部分などにも使いやすい。
こちらはニワトリのマラブー(フェザーは縞模様に染色)。ファイバーが細く、柔らかな動きを演出させやすい。小型のアトラクターフライが活躍する管理釣り場のパターンにもおすすめ

フリューの長さはターキーとほぼ変わらず、短くてもしっかりとしたボリュームが出せるので、長いマラブーの先端を使うよりも、フライ全体のバランスを整えやすいという利点がある。

最後に、「イーグルマラブー」などの商品名で流通しているものについては、現在では捕獲禁止になっている鳥の羽根なので、国内の在庫が切れ次第、終了することになる。

これらのマラブーはファイバーが細くて長いのが特徴。水の中ではやせて見えやすいので、比較的シルエットをスリムに見せたい場合などに適している。また先端部にはフリューの短い長めのファイバーがあり、一定の張りもあるので、スペイハックルとして使うことができる。

イーグルマラブー。先端のファイバーはサーモンフライのハックルなどにも使われる。ストーク中間部はストリーマーのテイルやウイングに使え、ファイバーの短い根元部分も小さめのフライにも適している

なお、最近ではオーストリッチの柔らかいフェザーもマラブ—の名称で呼ばれるものがあり、動きのある泳ぎを演出したい場合に使われている。
こちらはオーストリッチ(ダチョウ)のマラブー。ターキーなどに比べても水中でファイバー1本1本の形が残るため、フライ全体の形がつぶれにくく、フライに存在感を出したい場合におすすめ

いずれにしてもマラブーの最大の武器はその揺らめき。水流を受けたり、リトリーブしたりすることによって、ほかのマテリアルでは得られない泳ぎを見せてくれる。
左からアフリカハゲコウ、ニワトリ、ダチョウ、ターキー。アフリカハゲコウのものは現在主流となっているターキーに比べてやや小ぶり。その代わり、フェザーにはストークのすぐ側からフリューが生えている。比べて、他のものはファイバーの根元部分はフリューが少ない傾向にある(写真は、もっとも大きいターキーマラブーの全長が170㎜)

一見似たようなフェザーでも特徴の違いを把握しておけば、適材適所にタイイングすることができ、よりマテリアルの長所を生かすことができるはずだ。

2018/10/18

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING