LOGIN

基本のマラブーを巻く。

信頼の1本「UVオケピラ」

山口直哉=解説
湖や管理釣り場で、リトリーブの釣りで多くの人が最初に結ぶのがマラブーパターン。マテリアルもシンプルながら効果的な止水の基本パターンだが、今回はその巻き方を改めて見直してみたい。フライをバランスよく、しっかり泳がせるためのタイイングテクニックを紹介。
この記事は2017年1月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
山口 直哉(やまぐち・なおや)
東京都西東京市在住。中禅寺湖の釣りに精通し、シューティグヘッドを使ったストリーマーやドライフライの釣りを得意としている。中禅寺湖ファンからも多くの支持を得ているロッドブランド「キャプチュード」を手掛ける。

「絡まず丈夫」の基本形

シーズンを通じて湖の釣りで活躍するのがストリーマーパターン。なかでもマラブーを使ったパターンは多くの人のパイロットフライとしても使用され、ストリーマーの最も基本的な形ともいえる。

フェザーから切り出したファイバーをシャンクに留めるだけで、リトリーブすればたちまち生命感のある動きを演出してくれる。

もちろんマラブーパターンといってもそのスタイルは多様だが、今回は中禅寺湖の釣りに詳しい山口直哉さんの1軍フライとして活躍する1本を紹介しつつ、マラブーの基本的なタイイングを見直してみたい。
山口さんの中禅寺湖用フライボックス。シェニールを巻いたマラブーパターンが並ぶ

今回ピックアップしたのは、山口さんが中禅寺湖で最初に結ぶフライとして愛用している「UVオケピラ」。ワカサギのイミテートとして巻かれたパターンだが、テイルにはイーグルマラブーを使用している。

タイイングの工程自体は通常のターキーマラブーなどと変わらないが、イーグルは1本1本のファイバーが太く張りがあるのが特徴。

一見硬そうにも見えるが、丈夫で動きがよいので、耐久性を持たせたいパターンにも適しているという。さらにその留め方にもポイントがある。

テイルにマラブーを留めたストリーマーは、着水時やカウントダウン時にマラブーがゲイプに絡まってしまうことが少なくない。そのような状態でリトリーブを始めれば、当然フライは泳がず、魚の反応も得られなくなる。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2018/8/22

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING