LOGIN
アカサカ釣具

Local Flies07:東北の渓流用ドライフライ

渋谷直人さんの7本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
渋谷直人(しぶや・なおと)
秋田県在住。漆塗りの伝統工芸士であり、バンブーロッド・ビルダー。大ヤマメねらいにこだわり、シーズン中はフィッシングガイドとして、毎日のように渓を案内する。


ぶら下がりフライングアント



 サイトフィッシング初期はこのフライの出番が多い。それほどスレていない場合は、水面直下のアントへの反応が抜群によい。ポスト以外はツバなどで濡らして水面下に入るように調整して使用する。フライ自体は小さいが、魚の反応は絶大なため、見切られた場合はすぐに交換したほうがよい。アブドメンは瞬間接着剤を効果促進剤で固め、本物のアリのように硬質感のあるボディーから毛がわずかに出た状態にしている。


・フック……TMC212TR #17~21
・スレッド……10/0・ブラック
・アブドメン……スーパーファインダビング・ブラック
・ウイング……ズィーロン・ブラウン
・レッグ……ヘンネック・ブラック
・ポスト……CDCナチュラル・ホワイト
・ソラックス……スーパーファインダビング・ブラック


フライングアントソラックス



 サイトフィッシング用のローテーションに使う高浮きのフライングアント。ハックルも順巻きにして上下はカットしないで、フックまでフロータントを施すことが多い。大ヤマメはフックポイントを見て嫌うことが多く、最終的にこのフライで食わせたことが一番多いような気がする。状況に合わせて、右のぶら下がりフライングアントと使い分けている。


・フック……TMC212Y #17~21
・スレッド……10/0・ブラック
・アブドメン……スーパーファインダビング・ブラック
・ウイング……CDCスポッテッドダン
・ハックル……コックネック・ダイドブラック
・ソラックス……スーパーファインダビング・ブラック


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。







2022/5/23

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING