LOGIN
WILD LIFE

Local Flies06:北東北の渓流用ウエットフライ

工藤淳さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
工藤 淳(くどう・あつし)
青森県在住。地元青森県の渓流でウエットフライの釣りを楽しむ。「Phase-D」のブランド名でサーモンフライタイヤーとしても活躍し、タイイングスクールの講師を務める機会も多い。


FAST LANE


 主に春先に使っているフライ。大きなサイズに巻くと遡上魚にもよい。テレストリアル的でもあるが、春先のおとなしい魚には青が効くようで、なるべくスリムに巻いて繊細にアプローチして使う。


・フック……サワダTD4 #8
・タグ……シルクフロス・イエロー
・テイル……ゴールデンフェザント・クレスト
・ボディー……シルクフロス・ブラック
・リブ……なるべく細いシルバーオーバルティンセル
・ハックル……キングフィッシャーブルーのコック
・アンダーウイング……ゴールデンフェザント・ティペットの先端をずらすようにスライドさせてばらけないように結ぶ
・オーバーウイング……ピーコックソード


Bark



 水量の多い時になぜかよく釣れるフライ。笹濁りの時によく使う。ちょっとだけカディスピューパを意識している。


・フック……スプロート #8
・タグ……ゴールド・フラットティンセル
・テイル……ゴールデンフェザント・クレスト2本
・ボディー……後半をオリーブのフロス前半を茶色のヘアズイヤー
・リブ……ゴールド・オーバルティンセル
・ハックル……ブラウンコック
・ウイング……ターキーテイルまたはウイングクイル


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。




























2022/5/19

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING