LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

Local Flies04 :釧路川、屈斜路湖用のフライ

横田博文さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
北海道から沖縄まで、46名の271本を紹介。
この記事は2020年春号を再編集したものです。
横田博文(よこた・ひろふみ)
北海道在住。釧路川上流部や屈斜路湖に長年通い込むフライフィッシャー。近年は釧路川上流部でドライフライを使った釣りに開眼。新たな楽しみとしている


ホワイトウェイカー



 今一番ハマッているのがこのフライ。とにかく釣れる。6~9月までこれ1本でやりきり、沈める釣りは一切しなかったくらいだ。日中まったくライズがない河川では、魚の付き場を特定するサーチ要素も兼ね備えている。使い方は釣り人次第、色々な流し方に対応できるが、慣れるまでは少し戸惑うかもしれない。回転しやすいため、極端に細いティペットは使えないが、フォームの浮力が高いので安定して使い続けられる。


・フック……ドライフライ用フック #6
・スレッド……8/0・ホワイト
・ボディー……ラウンドフライフォーム・オレンジ
・ボディーハックル……コックハックル・グリズリー
・オーバーボディー……フライフォーム2mm ・ホワイト
・レッグ……パルマーシェニール・パールホワイト


ハイフロートカディス



 ウエイキングフライで食い損なった時に、すかさずこのカディスでフォローを入れる。もちろんナチュラルドリフトで長く浮かせるためにエゾシカヘア、アンダーウイングのミラマットが浮力を維持し、ハイフロートで浮き続けてくれるのでヒット率が格段に上昇した。シーズンを通じて活躍できるパターンだと思う。


・フック……TMC100 #10
・スレッド……8/0・ブラック
・ボディー……ナチュラルダビング・ライトケイヒル
・ボディーハックル……グリズリー
・アンダーウイング……ミラマットシート
・オーバーウイング……エゾシカヘア


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/5/16

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING