LOGIN
GOOSE FACTOR

Local Flies03 :屈斜路湖用のフライ

佐藤豪さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
佐藤 豪(さとう・たけし)
北海道在住。屈斜路湖フィッシングクラブ(KFC)副会長であり、シーズンを通じて屈斜路湖で釣りをしている。長年通い込んでいる人ならではの興味深いフライパターンを提供してくれた

ソフトハックル



 4月に湖面の氷が落ち、屈斜路湖が開幕したらすぐに結ぶパターンのひとつ。当地ではまだ春と呼べない寒い日が続くが、気温が上がる日中には、ようやくユスリカやカワゲラを見るようになる。それらへのライズはほとんどがウグイなのだが、そんな時間帯は本命もシャローに入ってきており、このようなウエットフライを結んでリトリーブでねらう。ダブルハンドで遠投し広範囲に探るため、小さくても強いハリに巻くのは必須。


・フック……サワダ TD4  #10
・スレッド……ヴィーヴァス 10/0・ブラック
・ボディー……アイスブルーパールティンセル・ L、ウールレッド
・リブ……オーバルティンセル・シルバー S
・ハックル……ヘンフェザント


グレー豪スト



 屈斜路湖では4月下旬のゴールデンウイーク頃からワカサギ接岸が始まる。その時期から冬に湖面が結氷してクローズになるまで、いつでも活躍するワカサギを模したストリーマーパターン。ノンストップリトリーブを意識して使用すると反応がよい。もちろん湖の定番であるマラブーパターンも多用するが、魚がスレてきたな?と感じた時に結ぶと効果的。かっこいいフライで釣ったほうが満足度が増す(!?)、自己満足パターンでもある。


・フック……ダイイチ2051 #7
・スレッド……ヴィーヴァス 10/0・ブラック
・テイル……カシミアゴート・グレーオリーブ
・ボディー……シルクフロス・グリーン
・リブ……オーバルティンセル L&S・シルバー
・スロート……サーモウェブDM・グリーン、グレーヘロン バックフェザー
・ウイング……アイスダブル ミノーバックシマーフリンジ・パールオリーブ/UVブルーバック、カシミアゴート・グレーオリーブ&オリーブ
・アイ……ジャングルコック


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。







2022/5/15

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING