LOGIN

大型レイクトラウトねらいのシステム

「特集ラインシステム」補足編

森岡正=写真と文


※各ラインシステムのイラストは現在発売中の『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』をご覧ください。


キールフライで底をトレース


メインロッドは15フィート#10を使っている。選択理由としては重く、大きめのキールフライ(8~10cm)をカケアガリの奥へ遠投し(30~40m以上)、しっかりとターンさせてからカウントダウン(60~120秒)をして底までフライを落としたいと考えているからである。一見ヘビータックルかと思われるかもしれないが、湖の沖、そしてベタ底にいる大型レイクに的を絞りこのタックルとなった。



そして5月やワカサギが接岸している年は13フィート#8,9,10の出番となる。遠投能力はやや落ちるが、手前もきっちり探れる利点がある。ワカサギ接岸時は手前までレイクが寄っているのでこのタックルで対応している。

ラインはバリバス3セクションスペイヘッド(廃盤品)#8,9と# 9,10(どちらもボディー後方1.2mカット+シンクティップ3~6)の全長約11m前後を、その時の状況で使っている。無風あるいは微風時は#8,9を、風の強い日または向かい風には#9,10を選択ししている。
このラインは遠投能力が高く、きれいにカケアガリの形で沈んでくれるため現在もベストだと考えている。

残念ながら廃盤なので、代わりになるラインとしてはティムコSAアトランティックサーモン朱鞠内湖スペシャルであろう。全長が1m短いのだが、チェンジャブルティップで先端がタイプ3と6で選べ、重さも遠投能力も同じであった。ボディーをインター+先端タイプ6でも問題なく投げられたので前者のラインを消耗、紛失してからの出番になると思っている。

ランニングラインの接続にはスイベル




ランニングラインはティムコエアロシューター28LB。このランニングラインは細くイトフケがすぐに取れるので好んで使っている。湖によく馴染み、流れや小さなアタリも感じやすいと思っている。

ランニングラインのヨレ防止としては、スペイヘッド後方にNTパワースイベル(#7)を着けている。これでヨレはなくなり1日快適に釣りができる。 スイベルとランニングラインはダブルクリンチノット、これで強度も問題なく釣りができ、破損や断裂は一度もない。

投げ方は一度水面に折り畳むシューティングスペイで投げている。確実に遠投して、リーダーとティペットがまっすぐに落ちるように心がけている。そして水面を荒らさぬようにゆっくりロッドを振るのがコツだ。

リトリーブはその時の魚の活性に合わせていろいろ変えて行なっている。通常のスピードでテンポよく始めてからようすをみて、ダメならスローなリトリーブや不規則に動かすなど、単調にならないようにするとよい結果に繋がると思っている。

2021/9/16

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING