LOGIN
Bibury Court

フライでメバルを狙う方法

夜の干潟でひっそりとウエーディング。周囲にはメバルが静かにボイルを繰り返す音……。#4でも楽しめる、身近でおおらかなロックフィッシュねらい。

佐古 啓樹=解説
メバル釣りでは極端に遠投する場面は少ないが、風除けのない場所で釣ることが多いので、#5~6ロッドが釣りやすい。八景島の明かりがバックに輝く

夜の干潟でひっそりとウエーディング。周囲にはメバルが静かにボイルを繰り返す音……。#4でも楽しめる、身近でおおらかなロックフィッシュねらい。
この記事は2015年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
さこ・ひろき
1966年生まれ。神奈川県横浜市在住。主にマッチング・ザ・ハッチの釣りをメインに楽しんでおり、忍野にも詳しい。タイイングスクールの講師を務めることも多い一方、1年を通じて三浦半島のメバル釣りなどにも出かけている。


1年中メバル釣り

メバルねらいのフライフィッシングは#4~6(淡水用のタックルも流用可能)のライトタックルで楽しめるソルトゲームだが、横浜市在住の佐古啓樹さんは、このメバル釣りをほぼ1年中楽しんでいる。

「私の通う三浦半島周辺のメバル釣りは、8月の暑い時期をのぞけば、ほぼ周年フライでねらえます。メインは秋口から梅雨ごろまでですが、最も型がよくなるのは5~6月にかけてのタイミングだと思います。普段は20cmほどの魚が多いのですが、運がよければ尺近い魚も釣れたりしますよ」
メバルはフライフィッシングのターゲットとしては、とてもおおらかな魚。はじめから難しく考える必要はなく、まずは手持ちのタックルでメバルの付いていそうな浅場を探ってみる。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2024/2/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING