LOGIN

九頭竜川のサクラマスと出会うために

名手のフライボックス【安田龍司】

安田龍司=解説

名手たちのフライボックスには、様々なヒントが隠されている。彼らがシーズンを通じて愛用しているフライパターンとともに、1軍フライをどのようなシチュエーションで使用しているかについても解説。今回は安田龍司さんのボックスを紹介。
この記事は2018年<Early Spring>に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
安田 龍司(やすだ・りゅうじ)
1963年生まれ。愛知県名古屋市在住。ストリーマーやウエットフライの釣りを得意としており、九頭竜川のサクラマスねらいの釣りをはじめとして、新潟や北海道の本流などの経験も豊富。正確な釣りのテクニックに裏打ちされたタイイング技術にも定評がある。

初期、中期、後期で使い分ける

近年、サクラマスの増加とともに訪れる釣り人が増えている九頭竜川では、シーズン初期から後期までさまざまなフライでサクラマスとの出会いを楽しむことができる。

大型フライを沈めて積極的にアビールする初期。水面直下で小型フライをスイングさせる後期。そしてその中間的な中期というのが一般的だが、最近では初期から中、小型のウエットフライでの釣りを楽しむ方が多くなってきたようだ。

とはいっても水温の低い初期はやはり水面直下というわけにはいかず、ある程度沈める必要があるので、ライン選択が重要になってくる。

ちなみに私のベストには『STS-R』のタイプ7からトリプルデンシティーまで多種のラインが収まっている。

それに対してウエットフライで釣る場合、フライボックスは1つだけ。このフライボックスにシーズン初期から後期までのフライが詰まっていて、状況に合わせて、時には気分に合わせてフライを選んでいる。

初期のフライはアピールカが重要なファクターとなるため、本来は大型のストリーマーのほうが効率的。積極的にサクラマスにアプローチしたい場合は、そちらをおすすめしたい。だがウエットフライも大型にして、キラメキ、ユラユラなどでアピール力アップが期待できる。
フライボックス1
右側がシーズン初期の比較的水量が多い時用のウエットフライ。長めのハックルや柔らかいマテリアル、キラキラ光るボディー、そして目立つウイングなどがポイントとなる。1段目と4段目がオールマイティー。2段目と5段目が濁水用。そして3段目が透明度の高い時用で、フックは『TMC7999』の#4と#6。タイプ7からタイプ2のラインを使用し、フライを沈めてゆっくりとスイングさせるようにしているが、誘いをかけると効果的なことも多い


ウエットフライ1
●フック:TMC7999 #4
●スレッド:16/0・ダークブラウン
●タグ:ユニマイラー・ホロレッド#14
●テイル:ピーコックブルーネック
●リブ:ユニソフトワイヤー・レッドS
●ボディー:ピーコックハール
●ハックル:ピーコックマラブー
●ウイング:ピーコックソード
ウイングのピーコックソードはボディーに密着させ、ハックルは長めにしてユラユラと動くようにする


ウエットフライ2
●フック:TMC7999 #4
●スレッド:16/0・ダークブラウン
●タグ:ユニマイラーホロレッド#14
●テイル:ピーコックグリーンパックフェザー
●リブ:ユニソフトワイヤーレッドS
●ボディー:ユニマイラーホロオレンジ#12
●ハックル:ヘンハックル・ブラック、スペイハックル・レッド&ブラック
●ウイング:ピーコックアイ
●チーク:キングフィッシャー・ダイドパープル
ヘンハックルはダブリングして7回転前後巻いて、その前方にスペイハックルのレッドとブラック各1本を重ねてダブリングして同時に巻く。ウイングのピーコックアイは立て気味に留めて、あえて不安定なバランスにする


ウエットフライ3
●フック:TMC7999 #4
●スレッド:16/0・ダークブラウン
●タグ:ミラージュティンセル・OPAL-S
●テイル:ピーコックブルーネック
●リブ:ユニソフトワイヤー・オレンジS
●ボディー:ユニマイラー・ホロレッド#12、アンゴラゴート・FLオレンジ
●ハックル:ヘロン・ダイドレッド
●ウイング:ピーコッククイル・ブラック/スペックルド
アンゴラゴートは長めに巻いてボディーを包み込むようにする。ウイングのピーコッククイルはマリードして目立つようにする


フライボックス2
左側が初期の平水から減水気味の時、そして中期用のウエットフライ。若千アピールカを抑えて、活性の低い状況にも対応できるようにしてい
る。明るいカラーは水の澄んでいる時、その逆は濁水の時に使用頻度が高い。

これまでの経験からウイットグリーンの効果が高く、どうしてもウイットグリーンとそのバリエーションが多くなってしまうが、以前より少しボリュームを抑えてタイイングすることが多くなった。右側の小型フライは、シーズン後半のサクラマスと魚野川や犀川などでニジマスをねらう時に使用している。

九頭竜川のシーズン後半は水量が少なく、フローティングラインにロングリーダー、そして小型のウエットフライが一般的だ。しかしシーズン初期であっても、水量が少ない、あるいは水量変化が数日間見られないような時には、小型フライで中層をねらうと効果的な場合がある。


ウエットフライ4
●フック:TMC7999 #4
●スレッド:16/0・ダークブラウン
●タグ:ミラージュティンセル・OPAL-S
●テイル:マグナムネック・ブラック
●リブ:ピーコックソード
●ボディー:ミラージュティンセル・OPAL-M、
●オーストリッチ・ブラック
●ハックル:マグナムネック・ブラック
●ウイング:ピーコックソード
ウイングのピーコックソードはスリムで長めにし、ハックルと同じくらいの角度に立てて留め、あえて不安定なバランスでタイイングする


2018/12/27

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING