LOGIN

渓流でロングレンジを釣る 1/2

リスト中心の動きに振り幅を加える

鈴木 寿=解説
ライズねらいの釣りでは、ロングレンジのキャスティングが必要な場面も多い。ラインが長くなればロッドの振り幅も広げる必要があるが、腕全体をしっかり使えばいわゆる「大振り」にはならずにすむ

近距離であればある程度正確にフライを落とせるけれども、大場所などでちょっとロングキャストが必要になると、途端にループが乱れてしまう……そんな悩みがあれば、まずは基本的な腕の動きとロッドの振り方から見直してみよう。
この記事は2017年3月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
鈴木 寿(すずき・ひさし)
1958年生まれ。愛知県名古屋市でプ口ショップ「ワチェッ卜」を営む。インストラクターとしてキャスティングスクールの講師を務めるかたわら、春は長良川、夏は山岳渓流のイワナねらいに足繁く通っている。
●ワチェット watchett.net/

遠くのポイントをねらう楽しさ

近くのポイントは正確に釣れるのに15m以上になると急に苦手意識が……という人もいるように、比較的大きな規模の渓流や、山間部でも広いポイントなど、当然ねらう場所が遠くなるほど、キャスティングも技術的に高度なものになってくる。

ポイント規模が大きくなれば、魚たちのサイズもワンランクアップするし、他の釣り人とのバッティング率も低くなる。そして何よりもアプローチ距離が遠くなることで、さらにフライフィッシングらしさが増すともいえる。

ロングレンジを釣るためには、ラインウエイトを上げるというのが手っ取り早い解決方法なのだが、その後のドリフトを考慮したライン操作や、プレゼンテーション時の水面に与えるインパクトを考えると、渓流ではやはりできるだけ低番手を使いたい。

そこでスタンダードとなっている3番前後のラインを使用して、ロングレンジで正確なプレゼンテーションを実践するにはどのような技術が必要になるだろう。今回は正確さを損なわず、より遠いレンジを釣るキャスティングの基本的動作を解説してみたい。

投げるラインの長さによってロッドの振り幅は変わる

基本的に扱うラインの長さ(=重さ)に比例して、キャスティングはストローク(ロッドを持った手、もしくはロッドティップの移動距離)が長くなる。

その際、充分なSLP(ラインを導くロッドティップの軌跡 Straight Line Path)を確保するために、キャスティングストロークも、より長くする必要がある。

高番手のタックルを使い、とにかくロングキャストを優先させたい場面ならば、身体を開いたり、重心を移動させたりして大きなモーションでストロークを稼ぐ方法があるが、キャスティング動作を大きくするとアキュラシー精度に欠ける。
近距離では手首だけでも対応できるが、ある程度の距離を投げるとなると、ロッドの振り幅も加える必要が出てくる

これは渓流域の釣りでは致命的。正確さを求めるならば、やはりターゲット(ポイント)に身体を向けた状態で、できる限りコンパクトな動作でロッドを振るのがベストだろう。

つまり、「限られた動きのなかで、ラインの長さに応じたSLPをコントロールする」ことが、渓流域でロングレンジを正確に釣る条件となる。

近距離を釣る場合と、遠めに投げる場合の違い

まずは下の連続写真をご覧いただきたい。これは渓流で近距離を釣る際に効果的な動作で、キャスティングストロークを手首の動きだけで賄い、最低限必要になるキャスティングアークを確保するスタイル。ちなみにアークとは、スタート時のロッド位置から、ストップ時の位置までの振り角のこと。
リストを中心に使った、近距離でアキュラシーを重視したロッドの振り方。リストを使ってアーク(振り角)を稼いでいるので、全体の動きはコンパクト

直線的なロッドティップの軌跡を得るためには適切なアークが必要になるのだが、リストの動きだけでアークを形成するスタイルは、最も小さなモーションでキャストを完結できるといえる。もちろんその精度も高い。

ところが、数メートルの近距離へのアプローチならばこの動作でなんら問題はないのだが、扱うラインが長くなるとリストだけのキャストでは限界になってしまう。
手首だけでテニスボールを投げる。もう少し遠くに投げようとすると、腕全体を使わなければ投げるのは難しくなる。フライキャスティングでも、これと同じことが言える

身近なところで、キャッチボールを例にしてみよう。上の写真のようにリストだけを使った動作でボールを投げてみたが、(私の身体能力では)よく飛んで5〜6mだった。しかし、もう少し腕全体を使ってストロークを長くしてみたら10mは軽く飛んでくれた。

フライキャスティングでも、まったくこれと同じことが言える。ラインの長さに見合ったSLPの距離が必要で、これを形成するために必要なストロークを確保する必要があるのだ。前述した近距離のキャストとは違い、遠くを釣る場合のキャストでは、上腕→前腕→リスト(そしてストップ)と、大きなパーツから小さなパーツへ力を伝達させて、アークを形成しなければならない。
下の連続写真が、リストの動きに加えて、腕全体を動かすストロークを加えたキャストフォーム。
上腕→前腕→リストと入力していくキャスト。リストだけを使ったキャストよりもロッドの振り幅を大きくできる(=重いものを投げるためのストロークを広げられる)

このように腕を動かせば、身体全体を使わなくても、ロッドの振り幅を大きくすることができる。上の写真のような一連の動きを見てみれば、近距離のリストを中心に使った振り方と異なることが分かると思う。

2018/5/18

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING