LOGIN

春先の小渓流の釣り上がりに

名手のフライボックス【佐々木岳大】

佐々木岳大=解説

名手たちのフライボックスには、様々なヒントが隠されている。彼らがシーズンを通じて愛用しているフライパターンとともに、1軍フライをどのような時に使用しているかについても解説。今回は佐々木岳大さんのボックスを紹介。
この記事は2018年<Early Spring>に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
佐々木 岳大(ささき・たけひろ)
1974年生まれ。神奈川県南足柄市在住。ホームグラウンドは地元の丹沢など。シーアンドエフ社に勤務しており、マッチング・ザ・ハッチの釣りのほか、ドライフライ、ニンフを使った小渓流の釣りも得意としている。
小渓流釣り上がり用
ぎっしりと詰まったフライは、ドライからソフトハックル、ニンフまでさまざま。釣り上がり用ではあるものの、基本的にはこれさえあれば、ある程度は羽化絡みのシーンでも対応できるように詰め込まれたボックス。


ミッジ・ボックス
ミッジング道場のような釣り場の支流などを釣る場合に、保険としてニンフボックスと一緒にデイパックに放り込んでおくことが多いボックス。バリエーションは限られているが、シンプルでペーシックな、あまり魚に嫌われる要素が少ないと思っているパターンを好んで納めている。


へモロイド・アダムズ
●フック:TMC100 各サイズ
●タグ:ドライ用ダビング材・各色
●ボディー:ドライ用ダビング材・アダムスグレイ
●ウイング:ハックルティップ・グリズリー
●ハックル:各種グリズリー・ブラウン・バードジンジャーなどをミックス
●テイル:各種グリズリー・ブラウン・バードジンジャーなどをミックスス
フィメール・アダムズのバリエーション。サイズや色を変えて、季節を問わずパイロットフライとして使用している


イエロー&パートリッジ
●フック:TMC104SP or TMC3769
●ボディー:シルクフロス・イエロー
●リブ:ファインワイヤ・各色
●ソラックス:ピーコックアイ
●ハックル:パートリッジやブラマなど
フタバコカゲロウ、ガガンボ、ヒラタカゲロウなど、春に水中羽化する水生昆虫に合わせてよく結ぶパターン


ゼブラミッジ
●フック:TMC2488などのカーブドシャンク
●ボディー:ベネッキ ウルトラファインスレッド・各色
●ビーズヘッド:フックに合った各サイズ・各色
●リブ:ファインワイヤ・各色
スムースに沈下するので使いやすい。巻くのも簡単なので、いつもボックスに入れている



2019/1/6

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING