LOGIN

濵野勝 フライキャスティング論

ラインのたるみを抑制するために

山本克典=文、奥井隆史=写真

《Profile》
濵野 勝(はまの・まさる)
はまの・まさる。23歳の時にキャスティング競技へ出場。成績は揮わなかったが、逆にそれが発奮材となり、2回目からいきなり入賞を果たす。シングルハンドディスタンスの自己最高記録は72m(強風により非公認)。スクールはシーズンオフに行なっており、詳しい日程や料金についてはtomo-nanoda@nifty.com(小田原キャスティングスクール代表、吉田智夫さん)宛にメールで連絡を



この記事は2019年Early Summer号に掲載されたものを再編集しています

理想は「たるみ」がないピンと張った状態。ラインの重さをもれなくロッドに乗せたい

 僕の場合、フライフィッシング論、というほどではないですが、フライキャスティングで重要なのは、バックキャストの精度を上げることだと考えています。もう少し付け加えさせてもらえるなら、ループは発生後に修正はできないので、ループが発生するまでが重要だと思います。

 そのために今取り組んでいるのは、空中のフライラインの「たるみ」の対策について、トライ&エラーを繰り返しています。


「たるみ」の改善で得られるメリットとは?

 フライラインは細長く、風などの影響を受けやすいため、どうしてもたるみが発生しやすいですよね。このたるみをいかに抑制するかが課題です。

 それというのも、たるみの改善方法が何パターンかあるような気がしていて、どういったアプローチで実践していくかを試行錯誤しながらやっています。

 11番ロッドにあえて5番ラインを乗せて投げる練習をしているのも、その一環です。





※この記事の続きは有料メンバー登録するとご覧いただけます。




2021/1/27

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
 

NOW LOADING