LOGIN

「ボリューム感」のフライ選択

流速や水深で見る、効果的なフライの存在感

鈴木 寿=文・写真
虫に合わせるほかにも、水深や流速を見てフライを選ぶ。なるべく魚に警戒されないようなフライから徐々に探っていく

夏場には、イワナねらいに北アルプス周辺の山岳渓流へ足を運ぶことが多いという鈴木寿さん。そんな時はまず釣りたい場所の流速と水深をもとにフライパターンを判断している。

この記事は2011年8月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
すずき・ひさし
1958年生まれ。愛知県名古屋市でプ口ショップ「ワチェッ卜」を営む。渓流・本流・海まで幅広い釣りに精通。米国IFFFマスター&ツーハンドキャスティグインス卜ラクターの資格を持ち、夏場は山岳渓流へも足しげく通う。

日常ではあまり好まれない梅雨だが、渓流釣りのシーズンとしては、まさに佳境を迎える季節。この時期はフィッシングスタイルが、「ライズねらい」から「釣り上がり」へと変化していくタイミングでもある。

釣り上がりにおいては、視認性、浮力などの使いやすさを重視したフライが優先され、特定のものをイミテートしたパターンよりも、抽象的で実用本位なものをおもに使用している。

実際に魚のストマックを覗いてみても、春先のように一定のものを選り好みする偏食ケースは少なくなり、フライパターンも「実は何でもいいのでは?」などと思いたくなるくらいだ。

ところが、一言に渓流といってもさまざまな規模があり、フィールドごとに渓相は違う。水量の変化や時間帯などで、魚たちのフライに対する反応は間違いなく変わってゆく。釣り上がりにおいても、そんなコンディションにマッチさせたフライチェンジが効果的になる。
人気河川のプレッシャーの高い魚は「フライの浮き方」に着目して攻略している

私の場合、「状況に見合ったボリューム感」に着目して、その時に結ぶフライを決めている。私が好んで通っているような穏やかな浅いフラットな流れで、魚のプレッシャーが高い川の場合、ボリュームたっぷりのドライフライは敬遠されがちだ。たとえドラッグフリーで流れたとしても、魚は“フライの浮き方”を見ているからだ。

そんな場合、フライに求められるのはリアルな浮き方である。ハックルを薄くするなど、水面ぎりぎりに浮かぶ程度のボリュームが何よりもリアルに見せる要素だと思う。そんな時にまず結ぶのは、ヘンハックルとCDCを使ったソフティー・ダンだ。
ソフティー・ダン
●フック……TMC112Y#13
●スレッド……8/0オリーブ
●テイル……レモン・ウッドダック
●ボディー……グースバイオット・サルファー
●ハックル……ヘンハックル・サンディーダン
●ウイング……CDCフェザー・ライトカーキ
プレッシャーの高いフラットな流れで効果的。無駄なマテリアルを付けずにリアル感を強調


一方、水深があり、流速の速い流れであれば、同じようにプレッシャーのかかっている魚に対して、フライの存在を気付かせるためにも、ある程度のボリュームが求められてくる。また、まったく人気のない滝壺が連続するような源流域のイワナが相手だったら、頼りなく水面に漂うフライよりも、存在感のあるフライパターン(ヘアウイング・ダンなど)のほうに多くの場合よい反応を見せる。
ヘアウイング・ダン
●フック……TMC112Y#13
●スレッド……8/0オリーブ
●テイル……コックハックル・ファイバー・ダークダン
●ボディー……グースバイオット・オリーブ
●ハックル……コックハックル・グリズリー・ダイドオリーブ
●アンダーウイング……CDCフェザー・ダークダン
●オーバーウイング……コースタル・ディア・ブリーチ
ソフティー・ダンではアピール力が低いと思われる深いポイント、プレッシャーの少ない河川で使用する


より速く複雑な流れの中でドライフライを理想的な状態で流すためには、フライにはある程度のボリュームが必要。また、魚の定位している場所が勢いのある流れだったり、水面までの距離が離れていたりする場所である時には、それなりの存在感が必要だと思う。

つまり、ドライフライを流すポイントの水深、流速などといった流れの状況や、河川の知名度や魚が持つプレッシャー(先行者の多少)のぐあいによって、使用フライのボリュームを手際よく変えながら釣り上がっていくというわけだ。

いうならば、「マッチング・ザ・コンディション」を意識することによって、魚からのコンタクトは確実に増え、フッキング率もより高まっていくと、私は思うのだ。
フライングアント・パラシュート
●フック……TMC212Y#11
●スレッド……8/0ブラック
●ポスト……エアロドライウイング・FLオレンジ
●アブドメン……スレッド(ヘッドセメントでコーティング)
●ソラックス……ピーコックアイ・ダイドブラック
●ウイング……CDCフェザー・ダークダン
●ハックル……コックハックル・ダイドブラック
夏の渓ではアントパターンも欠かせない。ある程度水深があってもアピール力は高い


もちろん夏場はビートルやアントを中心としたテレストリアルの釣りが中心になったりする。その際もフライの結び替えは同じようにボリュームを意識したもので問題ない。もちろんその時に出ている虫にマッチさせる以外に、流速や水深で判断することも効果的だということは覚えておきたい。
フライング・ビートル
●フック……TMC900BL#10
●スレッド……8/0ブラック
●テイル……ゴールデンフェザント・ティペット・ダイドレッド
●ボディー……ピーコックアイ・ダイドブラック
●アンダーウイング……ピーコックソード
●オーバーウイング……エルクヘア
●ハックル……コックハックル・グリズリー・ダイドブラウン、パートリッジ・バックフェザー
アピール力抜群のテレストリアルパターン。プレッシャーの少ない深場では目立たせることが必要だ


上記4パターンの使い分けチャート

2017/7/31

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING