LOGIN

フィールドガイド【岐阜県/長良川】2/2

郡上エリアのライズポイント

鈴木 寿=解説
長良川・郡上漁協管内エリアは、支流吉田川も含む、長良川本流の上流部になる。写真は吉田川「バロー八幡店」裏プール

《Profile》
鈴木 寿(すずき・ひさし)
1958年生まれ。愛知県名古屋市でプ口ショップ「ワチェッ卜」を営む。渓流・本流・海まで幅広い釣りに精通するが、解禁から4月までは例年長良川本流のライズを追いかける日々。
●ワチェット http://watchett.net/


※この続きは有料メンバー登録するとご覧いただけます。





※以下はサンプルです。

解禁期間:2月1日~9月30日
遊漁料:日券600円、年券2500円
●長良川中央漁協 ☎0575-33-1203
※掲載しているものは、2018年2月現在の情報です。

例:箒川C&R区間(下流部)

※有料メンバー登録するとポップアップで詳細地図が表示されます。
長い瀬の上には浅いプールが広がる。大小の魚が定位しているようすが見えることが多く、サイトフィッシングがおすすめのポイント。手前に付いていることも多いので、不用意なウエーディングは避けたい。プールの上流には、水深のある流れ込みがある。碧い水の中に大型が定位しているのが見えるが、しっかりとフライを魚のいる層に到達させられるかがキーになる。
<駐車場&入渓点>
左岸側にある駐車スペースに駐車可能。入渓はそこから川へ向かって土手を降りればよい。

例:箒川C&R区間(上流部)

箒川のメインポイントといってもよいプール。魚影が確認しやすく、ロングキャストでの釣りも楽しめる。時おりライズする魚も見られるが、大ものほど底付近に定位していることが多く、魚の動きを確認しながらフライを送り込む釣りが有利になる。
<駐車場&入渓点>
プールの左岸側にはスロープ付きの駐車スペースが設置されている。シーズン中はC&R区間を示す幟が出ている。

2018/3/1

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING