LOGIN

『日本のフライフィッシング史』発売。

4月25日発売/歴史の扉が、今開く。

FlyFisher編集部=写真と文

西洋毛バリ釣りはいつの時代、誰の手で海を越えてきたのか。どのような過程で浸透し、発展していったのか、この釣りに人生を捧げた男たちがその足跡を辿ります。

DATA
●B5判上製144ページ
●定価:本体3,000円+税
Ⅰ 「夜明け」 フライフィッシングの黎明
Ⅱ 「起動、隆盛」 座談:柴野邦彦・霜田俊憲・山城良介・鈴木康友・大木孝威 司会/若杉隆
Ⅲ 「月刊『つり人』アーカイブス」
Ⅳ 「技術」 ’80〜’90年代に開花 独自の技・日本の技
Ⅴ 「道具」 タックル変遷考、バンブーロッドMade in Japan ほか
Ⅵ 「フィールド」 フィールドの推移と変化、管理釣り場について ほか
Ⅶ 「倶楽部」 JFCC、JFF、FFJ、クラブ・オブ・ハーディー・ジャパン
Ⅷ 「文献」

『日本のフライフィッシング史』
購入・お問い合わせはこちら



フライフィッシングは日本でいつから始まり、どのように発展して、現在に至っているのか。またその間にはどのような隆盛があったのだろうか。世界で唯一の月刊商業専門誌『FlyFisher』の黄金期を創り上げた元編集長・若杉隆が、フライフィッシングの歴史をひも解きます。

制作には、近代日本フライフィッシングを創り、ともに歩み、またそれ以前の歴史にも明るい下記の4名が編集委員として参加。

・TIEMCO元社長/霜田俊憲
・つるや釣具店店主/山城良介
・『ア・フライフィッシャーズ・ライフ』翻訳者/柴野邦彦
・つり人社会長/鈴木康友

さらに近現代のフライフィッシング諸事情に非常に詳しい大木孝威さんの資料を加え、今はじめてここに日本のフライフィッシングの歩んできた道のりが浮き彫りになります。




2018/4/18

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING