LOGIN

『日本のフライフィッシング史』発売。

4月25日発売/歴史の扉が、今開く。

FlyFisher編集部=写真と文

西洋毛バリ釣りはいつの時代、誰の手で海を越えてきたのか。どのような過程で浸透し、発展していったのか、この釣りに人生を捧げた男たちがその足跡を辿ります。

DATA
●B5判上製144ページ
●定価:本体3,000円+税
Ⅰ 「夜明け」 フライフィッシングの黎明
Ⅱ 「起動、隆盛」 座談:柴野邦彦・霜田俊憲・山城良介・鈴木康友・大木孝威 司会/若杉隆
Ⅲ 「月刊『つり人』アーカイブス」
Ⅳ 「技術」 ’80〜’90年代に開花 独自の技・日本の技
Ⅴ 「道具」 タックル変遷考、バンブーロッドMade in Japan ほか
Ⅵ 「フィールド」 フィールドの推移と変化、管理釣り場について ほか
Ⅶ 「倶楽部」 JFCC、JFF、FFJ、クラブ・オブ・ハーディー・ジャパン
Ⅷ 「文献」

『日本のフライフィッシング史』
購入・お問い合わせはこちら



フライフィッシングは日本でいつから始まり、どのように発展して、現在に至っているのか。またその間にはどのような隆盛があったのだろうか。世界で唯一の月刊商業専門誌『FlyFisher』の黄金期を創り上げた元編集長・若杉隆が、フライフィッシングの歴史をひも解きます。

制作には、近代日本フライフィッシングを創り、ともに歩み、またそれ以前の歴史にも明るい下記の4名が編集委員として参加。

・TIEMCO元社長/霜田俊憲
・つるや釣具店店主/山城良介
・『ア・フライフィッシャーズ・ライフ』翻訳者/柴野邦彦
・つり人社会長/鈴木康友

さらに近現代のフライフィッシング諸事情に非常に詳しい大木孝威さんの資料を加え、今はじめてここに日本のフライフィッシングの歩んできた道のりが浮き彫りになります。




2018/4/18

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING