LOGIN

フライキャスティング「私はこう考える」小野 訓さん

実際にスクールではどう教えているか

FlyFisher編集部=まとめ
前列左が小野さん。フライキャスティングレッスンの講師を続けて約30年。これまでのべ1万人以上を指導してきた実績を持つ。レビュープロダクツ代表(写真提供:釣道楽屋サバロ)

手っ取り早く上手になるというのはとても大切なこと


この記事は2019年Early Summer号に掲載されたものを再編集しています

長年、フライキャスティングを教えてきて、大事にしていることがあります。それは、生徒さんごとに異なる「手っ取り早く上手になれる方法」を見つけることです。

1日のスクールで練習の効果が出るかどうかは、スピードが命なんです。なんのスピードかというと、僕が指導して、生徒さんに「あ、なにかいつもと違う」、「キャストが変わり始めた」と思ってもらうまでの時間です。

生徒さんは上達したい。そのモチベーションをさらに高めるためには、マンツーマンで指導し始めて、最初の5分間が勝負だと思っています。

そこで「あ、なにか違うぞ」と感じてくれて、「上達できるかもしれない」と思ってもらえたら、その日、その生徒さんはいい具合に改善が進むことが多いです。

逆に最初の10~15分で「変わりそう」と思ってもらえなかった場合は、もう少し時間がかかることが多いです。

上達するというのは、ものすごい快感をともないます。快感を味わいたいから、どんどん努力をする。僕が「休憩しながらやってくださいね」と言っても、夢中で振り続けてしまうほどです。

楽しみながら上達できると、気分も乗ってくるのでポジティブになれますよね。このポジティブな気持ちで練習するというのが、大事なんだと思います。


※この記事の続きは有料メンバー登録するとご覧いただけます。




2021/2/18

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 2,750円(税込) A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 2,750円(税込) A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING