杉坂的「ドラワカ」使いこなし術

「縦浮き」&「横浮き」で見せる

杉坂 隆久=文
dorawaka-01 水中から見た縦浮きドラワカ

春の産卵や秋の水温低下でワカサギが岸寄りする時期に効果を発揮するフローティングパターン。特別なアクションは不要、面倒なケアも必要ないが、その時の状況を観察し、浮き姿勢を変えることで、一筋縄ではいかないトラウトのバイトも得やすくなる。そんなフライの底力を引き出すテクニックを、この釣りのオリジネーターである杉坂隆久さんが語る。

この記事は2013年9月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
すぎさか・たかひさ
北海道名寄市在住。北海道でフィッシングガイドを行なっており、川と湖を精力的に釣り歩く。また、湖におけるドラワカパターンの考案者であり、各地でその面白さを発信し続けている。

〝死んだ状態〞をイミテート

阿寒湖、芦ノ湖などのフィールドでは、早春から6月頃がワカサギの産卵期にあたり、成熟した個体が接岸し、流入河川や水際の石に産卵する。産卵後の遊泳力の落ちたワカサギは、トラウトにとって簡単に捕食できる格好のエサ。また阿寒湖では秋のワカサギ漁の時期にも、普段はフライが届かないような深場にいる大型の魚も浅場に姿を見せるため、ウエーディングでねらう釣り人にとっても絶好のチャンスとなる。〝ドラワカ〞の釣りは、そんな条件で威力を発揮し、スリリングな興奮を味わわせてくれる。
dorawaka-14 写真内左が死んだワカサギで右が横浮きのドラワカ。フライのサイズは実物にできるだけ近づけたい。特にフライのほうが小さすぎると、食いが悪くなる場合が多い

ドラワカとは「ドライ・ワカサギ」の略であり、フローティングタイプのワカサギパターンのこと。このフライを作ったきっかけは、奥只見の大鳥ダム。そこでは、銀山湖(奥只見ダム)の取水口に吸いこまれたワカサギが、発電タービンを通り、死んだ、あるいは仮死状態となって、下流の大鳥ダムに流れ落ち、それをイワナが捕食していた。そのようすをイミテートして、水面に浮かぶワカサギパターンを考案したフライを見たのが最初だった。

それは、バルサ材を削り、マイラーチューブを被せ、フックを付けただけのシンプルなもの。その形状から、当時は〝カキの種〞と呼ばれていた。
dorawaka-02 関東のドラワカの釣りの定番ポイントとなっている、芦ノ湖の成蹊前と呼ばれるポイントを釣る。魚の活性が上がってくると、そこら中でボイルが発生することも珍しくないので、魚の位置を確認したら、すかさずフライをキャストする

そして今から15年ほど前、阿寒湖で餓死して浮かんでいた小型のワカサギが、ウエーディングしていた私の前でアメマスに捕食された。その時「カキの種」を持っていなかった私は、漁協の友人にマイラーチューブを、そして喫煙者の知り合いからタバコのフィルターを貰い、即席のフライを作成。それが阿寒湖で初めてのドラワカの釣りになった。
dorawaka-16 芦ノ湖に訪れた杉坂さんは、スイッチロッドを使用して、ドロッパーシステムでねらっていた。フライ自体に重さがあるので、高番手ロッドのほうがストレスのないキャストが可能

それからは本格的にこのフライの可能性を信じるようになった。さまざまな試行錯誤を経て、現在では浮力のバランスと質感を重視し、浮き姿勢にバリエーションを持たせたパターンをそろえている。
dorawaka-03 ウエーディングしている周りに漂っていた、力尽きたワカサギ。こんな状態に遭遇したら、迷わずドラワカを試してみたい

フライの動きは必要最小限に
ドラワカとは、本来死んだワカサギを模しているので、基本的にフライを動かすは必要ない。しかし状況によっては、死んだワカサギが多く浮かんでいる状況の中で、「死にかけ」の状態のように小刻みに動かしてアピールしたほうが、効果的な場合もある。この時も、ポーズはしっかり取り、フライが静止した状態でバイトを待つようにする。このほうが、魚がフライを吸い込みやすく、フッキング率もよい。

ちなみに、キャスト直後はフライ近くのティペット部分が水面に浮かんでいることが多い。そういった場合ではティペットの影で魚に警戒心を持たせないために、着水後にフライを引っ張って水面下に沈ませたほうが、魚の反応がよい。
dorawaka-10

ヨコ浮き、それともタテ浮き?

一言でドラワカといっても、その形態はさまざまなシチュエーションを模している。まず、産卵を終えて死んだ状態のワカサギをイメージしたものがヨコ浮きタイプ。死んで水面に浮かんでいるワカサギをトラウトが捕食すると、水面にボイルや飛沫が確認できるので、釣り場でそんな光景が見られたら、迷わずヨコ浮きのパターンを選びたい。

ちなみに、フックの位置を逆にした(テイル側にラインアイがある)タイプを使用することもある。これもヨコ浮きタイプではあるが、トラウトは小魚に頭から食いつく習性があるため、ドラワカでも頭側にフックを付けたほうがフッキング率がよいのだ。このタイプは、おもに死んで浮上したワカサギのみを捕食しており、基本的に水面上でまったくアクションを加えない場合に使用している。ちなみに特殊な例になるが、阿寒湖で秋に行なわれるワカサギトロール漁で、網を巻き上げる際にこぼれ落ちたワカサギのみを捕食している時には、かなり有効だった。
dorawaka-08 サイズ、浮き方の異なるパターンを常に用意しておく。通常のフライボックスではサイズが合わないので、仕切りを外したプラケースに入れている。ちなみに杉坂さんは、ドラワカの釣りをする時、ほかのパターンは持っていかないという

一方で、産卵を終えた直後、表層をフラフラと泳いでいるワカサギもよく捕食されており、そんな状況を模したものがタテ浮きのパターンになる。いずれの場合も、水面にぽっかり浮かぶのではなく、フライが水面直下にサスペンドするような浮力に調節するのがキモだ。
dorawaka-12 接岸したワカサギに付くトラウトをねらうため、ドラワカの釣りに遠投はあまり必要ない。それどころか、時には足もとや自分の後ろでボイルが起こることもあるほど。モグラたたき状態には陥らないよう注意

ちなみに、産卵の途中で、数多くのワカサギが群れを作っている状態では、フローティングタイプが効かないこともある。トラウトがワカサギを水中で捕食している時は、追われたワカサギが水面近くに浮上して、それを捕食する際のボイルや、勢い余って水面に飛び出してしまうようなケースがある。そんな状況でヨコ浮き、タテ浮きパターンのドラワカを浮かべても、反応しないことが多い。こんな時には、縦の姿勢を保ったシンキングタイプのフライに切り替えたほうが賢明といえる。
dorawaka-05 縦浮きタイプ
dorawaka-04 横浮きタイプ
dorawaka-06 逆浮きタイプ

また、サイズに関しても、バリエーションがあったほうが有利といえる。一般的に、産卵期のワカサギのサイズは5〜12㎝と幅広い。場所により異なるプランクトン量や、ワカサギ自体の個体量によって、そのサイズに差が出てくる。

大型のワカサギにボイルしているトラウトは、小さなフライに対しては今一つ興味を示さないことが多い。基本的には大きくかけ離れたサイズでない限り問題はないが、過去の経験では、3割以上本物との大きさに差が出ると、全く相手にされなかった。それ以来、常時ボックスの中にさまざまなサイズを揃えるようにしている。ただ、フッキング率を考えると、トラウトが反応する許容範囲の中で小さいほうが有利といえるだろう。
dorawaka-07 ドラワカを発展させた阿寒湖の釣り。杉坂さん自身、今もこの湖で楽しんでいるほか、ほかの釣り人にもドラワカの楽しさを伝えている

スレてないトラウトであれば、ボイルしているポイントに適当なストリーマーを落とせばそれほど苦労せずに反応を得られるはずだが、近年の芦ノ湖や阿寒湖などの良型のトラウトは学習能力が高く、フライの形状を見破る個体もいる。そんな魚を相手にするためには、細かいシチュエーション別にイミテートしたフライが必要になってくるのだ。何といってもこの釣りのコツは、トラウトがどんな状態のワカサギを捕食しているかの状況判断を正確にすることである。
dorawaka-09 芦ノ湖での1尾。ワカサギで太ったこんな魚がゴボンッという音を立てながら、目の前のフライに飛び出してくる

フッキング率アップにつながるティペットのサイズ選択

ドラワカの釣りに使用するロッドは、#6以上であれば、シングルハンド、ツーハンド、スイッチロッドなど、いずれも使用可能。ただしフライ自体の重さを考慮すると、#5以下の番手ではキャスティングにストレスを感じがち。ボイルに対して、クイックなキャスティングを必要とするこの釣りでは、少ないフォルスキャストでの正確なコントロールのしやすさが重要で、必然的に番手は大きいほうが有利になってくる。
dorawaka-11 浮き姿勢に迷ったら、ドロッパーもあり。ボイルが見られるが、どのような状態のワカサギを捕食しているのかを把握できない場合、横浮き、縦浮きのタイプを、ドロッパー、リードフライに分けて反応を見てみるのも手だ
※阿寒湖は遊漁規制により2本バリ禁止のため不可


フライラインはWF、もしくはシューティングヘッドのフローティングタイプが基本。それに浮かぶナイロン製のリーダーに、強度のあるフロロカーボンのティペットを全長で12フィート(状況に応じて±2フィート)になるように接続する。サイズは1〜4X。ここで注意しておきたいのは、ティペットを細く長くすることで魚の反応はよくなるが、フッキング率が悪くなるうえ、アワセ切れをする確率も上がってしまうということ。

ドラワカの表面は、マイラーチューブやシリコンなどの軟らかな素材を用いている場合が多いので、大型のトラウトがくわえると鋭い歯に食い込んでしまい、強いアワセをしないと、確実なフッキングができないのだ。細いティペットを使用して、強く合わせれば切れてしまうし、アワセが弱ければ、フックが貫通せず、バラシの原因になる。

私の場合、使用するティペット(フロロカーボン)選びの基準は次のとおりになる。
・曇天波有り(※最もティペットが目立ちにくい状況)……2X
・曇天波なし……2〜3X
・晴天波有り……2〜4X
・晴天波なし(※最もティペットが目立つ状況)……3〜4X

これは、トラウトのスレ具合や光線の加減、波の高さなどの条件によって異なってくるが、「フライの下で反転する」、「見に来たけど食わない」などフライを見切られる状況下では、アタックに持ち込むことを最優先に、ティペットサイズを細くしていくのが基本。このティペット選択が釣果に影響するといっても過言ではない。いずれにせよ、フッキングではアワセを通常よりも強めに行なってほしい。
dorawaka-15 ワカサギ接岸期、人気ポイントでは並んで釣りをすることもしばしば。芦ノ湖などでは、釣り人の間に魚が入ってくることも多いが、キャストの際は充分周りを確認したい

よいフライ、悪いフライ
ドラワカを作る場合に、タテ浮き、ヨコ浮きを問わず、気を遣っている点が2つある。それは、浮力と光の透過性だ。

実際に死んだワカサギを見てみると分かるが、水面上にぽっかりと浮かんでいるものはない。水面膜の直下にサスペンドするような感じで浮かんでいる。フライの浮力が強すぎて水面上に高く浮かんでしまうと、明らかに魚の反応が悪く、フッキングの面でも不利になる。ここで注意したいのは、フロロカーボンのティペットは比重が重く、すでに浮力を調節したフライに接続すると微妙なバランスが崩れてしまう。そのため杉坂さんは、製作する際には、フロロティペットを結んだ状態で理想的な浮力になるようにテストしている。そこで内部のフォーム量を決めてから量産するようにしている。
dorawaka-17 dorawaka-18
また、ドラワカのボディーにはマイラーチューブやシリコン素材を使用するが、光が透けるような作りにしている。小さいワカサギの体は、水面に浮かぶと陽光に透けて見えることが多い。これに倣って、ボディーには必要以上に厚みを持たせず、透過性を損なわないようにしている。この2点を重視すれば、本物のワカサギそっくりに出来ていなくても充分魚は食いついてくれるという。

2017/7/18

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING