LOGIN

CDCウイングの小アイデア

逆さ付けで特性が引き出せる?

長島勝弘=解説
逆さ付けのCDCはこのような状態でフックに固定する(下側がシャンク)。これによりフリューが下向きに水面に刺さるような形になるので、下方向に対する踏ん張り効果が得られるイメージ。ちなみに、長島さんの場合ストークから剥がした際の皮状のものはタイイング時にはそのままにしておき、現場でカットしている。今後編集部でも性能の差を実験などで確かめてみたい

ファイバーから密に生えているCDCのフリュー。それを水面方向へ刺さるような形でウイングを留めることにより、CDCが持つ効力をよりアップさせられるかもしれない。ちょっとしたことでフライを変える、タイイングの目論見。
この記事は2016年12月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
長島 勝弘(ながしま・かつひろ)
1962年生まれ。東京都北区在住。フィッシングベストやアクセサリー、ロッドまでの開発、販売を行なう「フルックス」代表。自らフロータントの開発も手掛けており、シーズンを通じてCDCを用いたフライを多く愛用している。
●フルックス http://flux-net.co.jp/

フリューを水面に刺すように……

ドライフライのマテリアルとして、なくてはならない存在ともいえるCDCフェザー。優れた視認性と浮力、ナチュラルな質感から、さまざまなフライパターンに使われている。

ドライフライのパーツとして使う場合には、主にウイングやレッグ、またはポストなどの役割を担っているが、私の場合は、通常取り付けるファイバーの向きと、逆にフックに留めている。

一般的にはCDCをフックに留める場合、フェザーのストークからファイバーをむしるようにして外し、その根元部分をフックに固定するような場合が多いと思う。

その逆ということは、ファイバーの先端側にスレッドを掛けて留めるということ。ポストやウイングでCDCをこのように逆向きに留めた場合、フリューの向きが水面に対して刺さるような形になる。
CDCフェザー。ファイバーに密に生えるフリューがCDCの高い浮力にも一役買っている。フリューは基本的にファイバーに対して先端方向に開くV字になるように生えている

これにより水面上へのホールドカが増し、沈まずに踏ん張ってくれるようなイメージ。結果視認性もアップし、少ないCDCでもより高い浮力が得られる(=フライの軽量化)のではないかと考えている。

特にフローティングニンフやイマージャー、ユスリカ・ピューパなどのパターンでは、ボディーが水中に、ウイング(ポスト)は水面上にある場合が多く、そんな時こそCDCの逆さ付けが活きると思う。

もちろん、春先の定番パターンともなっているCDCダンのウイングでもこの小技は有効で、より少ないマテリアルで浮かせたい、フォルムをスマートに整えたい……などの場合にこの方法を選んでいる。なかでもCDCの量を抑えたい小さめのフライこそおすすめだ。

もちろんその際も、フロータントは液状、パクダー状など、いつもどおりのドレッシングで問題ない。

ミッジラーバ1
●フック……がまかつS10-2S #18
●スレッド……8/0オリーブダン
●ウイング……CDC
●リブ……コパーワイヤ
●アブドメン……スレッド(オリーブダン)
●ソラックス……スレッド(ダークオリーブ系)
ポデイーは水中に馴染みやすいようにスレッドで仕上げている。もともと視認性の悪いフライなので、タイイング時はCDCをやや多めに取り付け、魚のスレぐあいなどを見て現場でカット(むしるように)している。


ミッジラーバ2
●フック……ダイイチ1140 #20
●スレッド……8/0オリーブダン
●ウイング……CDC
●テイル……CDC
●アブドメン……スレッド(オリーブダン)
●ソラックス……スレッド(ダークオリーブ系)
こちらもCDCウイングを逆さ付けにしたミッジパターン。ウイングは長めに取り付け、現場でカット。特に波立ちがなく、近距離をねらう場合ほど、ファイバーの本数を少なく調整している。



2018/2/9

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING