本流“ジャークドリフト”の衝撃

荒瀬の渓魚を誘い出すドライ&ウエット

杉浦 雄三=文・写真
DRY&WET-01 コンディション抜群の本流ヤマメをねらう

魚の捕食スイッチを入れる積極的な「誘い」。今シーズンも本流で数々の大ものを手にしている杉浦雄三さんは、これまでの「小さなウエットフライ」にくわえて、実は「大きなドライフライ」でも同じような釣り方が楽しめるという。顔つきも体高も別格の、今の時期ならではのトラウトに効くその方法とは?

この記事は2013年9月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
すぎうら・ゆうぞう
1972年生まれ。フライフィッシングのトータルサポートを行なうTEALを運営。「釣れる」フライフィッシングを伝えるためのスクールも数多く主催しており、犀川、宮川、高原川、天竜川などでは自身も数多くの良型をキャッチしている。

6月の中旬頃から中部地区ではほとんどのフィールドが梅雨入りする。この頃の本流河川は4月や5月の荒々しい雰囲気からは一変し、流れは渇水気味で水温も日中になると20℃前後まで上昇。それだけに梅雨時期の雨は、トラウトにとっても大切であり、とても重要な要素になっている。

春から初夏に掛けて大量の水生昆虫などを捕食したトラウトは一回り以上体を大きくし、コンディションも抜群な個体が多い。そして秋の産卵に備えて、この梅雨時期も大量に捕食を行なう。
DRY&WET-02 DRY&WET-06 ドライとウエットでそれぞれ出たヤマメとニジマス。嶋崎さんは途中、誘いを入れないナチュラルドリフトの釣りも交えて釣果を重ねた

ただ、春や初夏と違い、水温の上昇などで水生昆虫のハッチは少なく、大型の水生昆虫となるとヒゲナガカワトビゲラ以外の姿はほとんど見られなくなる。それも盛期に比べれば10分の1にも満たないハッチの量だ。

小型の水生昆虫となると、フックサイズで#10以下の小型のセッジやメイフライがほとんどになる。そして、絶えず捕食行動を取るこの時期のトラウトたちは、流れの激しい荒瀬に入り、なかでも大型のトラウトはそのサイズしか入ることのできない厳しく激しい流れで捕食をする。

そしてこの時期の私のメインとなる本流釣りが、真っ昼間のビッグドライとスモールウエットの釣りだ。水位が下がり、エサが少なくなったこのタイミングにとても有効となる。
DRY&WET-07 雨も降った6月の本流釣りだったが、川はすっかり初夏の様相。半そででも暑いくらいの時もあった
DRY&WET-04 元気なレインボーが果敢にフライをくわえた

夏場の本流・減水期の荒瀬で効くDRY & WETの“ジャークドリフト”とは?


今回、私がアドバイスした釣り方は、以下のイラストで解説するものが基本。まずドライフライでもウエットフライでも、「ねらうレーン」、「線」、「点」そして「食わせるタイミング」の4点は一緒だが、フライを流す層だけがドライとウエットだと大きく違ってくる。ドライは表層でウエットは水中。それにともない、おもにポイントへアプローチするためのアングラーの立つ位置が変わる。
DRY&WET-03 本流ならではの体高のあるヤマメは釣りごたえ充分である

ウエットフライでは、ダウン&アクロスに立つ位置を取り、自分から30度くらいにねらうポイントを持ってくる。対してビッグドライの場合は、それがクロスまたはクロスから15度くらいまでの位置になる。
DRY&WET-12 流れの筋(線)を読みながらフライを送り込む鎌田さん。まずは基本を押さえつつ、流れが見えてきたら自分なりのアプローチで探るのも楽しい

そして、瀬、もしくは荒瀬にいるトラウトたちをねらうこの釣りでは、フライの存在を魚にアピールすることがとても大切になる。

ウエットフライでは瀬の底に潜むトラウトたちにフライに気づかせるため、プレゼンテーションキャストのあとのメンディングでフライをねらったポイント付近まで持ってきたら、フライが最後のピンポイントに到着する前に、一度ロッドを高くかかげてフライを引っ張り、水中のウエットフライにわざと水切り音を立てさせる。この動作はフライを先行させるためのメンディングも兼ねていて、スーッ、スーッと一定のストロークで上流にフライを引き上げるこの操作を「ジャーク」と表現できるかもしれない。
p048-053iのコピー ビッグドライでも基本は同じなのだが、ドライの場合はその性質上、水中での水きり音は期待できないため、まず魚へのファーストインパクトとして、水面に荒々しく叩きつけるプレゼンテーションキャストが必要になる。ドライの場合はこれをやるのとやらないのとで効果がまったく違う点はまず意識してほしい。その後、フライラインを大きく上流側へメンディングするが、この時にだいじなのは、ファーストインパクトでアピールしたフライを、次のメンディング時にあまり動かないようにすること。ここで大きくフライを動かしてしまうと、トラウトたちは反応しなくなる。
DRY&WET-11 良型をランディングする嶋崎さん

そしてドリフトの終盤は、ウエットもドライも、アピールする所とナチュラルに流す所をしっかりと作ってやることがとても大切になる。

瀬など複雑に流れが入り組んでいる所では、同じレーン(全体としてまとまったひとつの流れ)の中でも、その中にある線(もしくは筋)が一本ヨコにずれてしまうと、フライが流れてもほとんどトラウトは反応しない。仮に反応してアタックしてきたとしても、ドライフライであればくわえることはまずない。
p048-053のコピー 私が思うに、比較的浅いこの時期の瀬の底に潜むトラウトにとって、好きな「線」が存在するのだと思う。私はこの状況を、よく「黒ひげ危機一髪」というゲームにたとえる。

「線」自体には、どれにも魚が付いている可能性がある。ただし、これはゲームと同じで、実際はある穴では飛び出さないが、その横の別の穴にナイフを刺した瞬間に勢いよく黒ひげが飛び出る。まさにこれと一緒で、瀬の釣りにもアタリ線があるのだ。だから少しずつずらして、同じレーンでも違う線にきっちりフライをトレースしていくことがこの釣りのコツになるのだ。これはウエットフライでも全く同じである。

そして「点」。この釣りではフライを食わせる場所を決めてそこまでの線を作り、最後は点に結び付ける。ほとんどのトラウトたちは、ある点にフライが来たタイミングで反応し水面を割る。ウエットフライであればフライを吸い込む。だが、それでもただフライを流しこむだけだと、全く反応しないことが意外に多い。そこでこの釣りの最大のメソッドとなるトリッキーなテクニックが、一度点を通過した、もしくは通過する寸前のフライを流れに逆らうように上流側にジャーキングするのだ。この際の音や波動で、トラウトたちは思わずフライに反応する。つまり、反射食いをねらった釣りということになる。

大切なのは一見すると派手なアクションに見えるジャークの操作(ロッドでラインを上流側に引く)も、繊細にコントロールするつもりで行なうこと。そして食わせのタイミングをあらかじめ考えながら、最後はストップのあとに自然にドリフトさせること。ドライでもウエットでも、それは全く同じなのだ。

2017/7/18

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING