LOGIN

本流“ジャークドリフト”の衝撃

荒瀬の渓魚を誘い出すドライ&ウエット

杉浦 雄三=文・写真
DRY&WET-01 コンディション抜群の本流ヤマメをねらう

魚の捕食スイッチを入れる積極的な「誘い」。今シーズンも本流で数々の大ものを手にしている杉浦雄三さんは、これまでの「小さなウエットフライ」にくわえて、実は「大きなドライフライ」でも同じような釣り方が楽しめるという。顔つきも体高も別格の、今の時期ならではのトラウトに効くその方法とは?

この記事は2013年9月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
すぎうら・ゆうぞう
1972年生まれ。フライフィッシングのトータルサポートを行なうTEALを運営。「釣れる」フライフィッシングを伝えるためのスクールも数多く主催しており、犀川、宮川、高原川、天竜川などでは自身も数多くの良型をキャッチしている。
 
※このコンテンツは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2017/7/18

つり人社の刊行物
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー 本体2,500円+税 A4変型判カラー160ページ
ますます盛り上がりをみせるソルトウォーター&ウォームウォーターのフライフィッシングの現在を余すことなく収録。 フライフィッシングの中でもあまり注目されてこなかったマイナーなジャンルですが、世界的に見ればあながちマイナーとも言い切れません。む…
つり人社の刊行物
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー 本体2,500円+税 A4変型判カラー160ページ
ますます盛り上がりをみせるソルトウォーター&ウォームウォーターのフライフィッシングの現在を余すことなく収録。 フライフィッシングの中でもあまり注目されてこなかったマイナーなジャンルですが、世界的に見ればあながちマイナーとも言い切れません。む…

最新号 2020年6月号 Early Summer

特集
選びきれない幸せ。
最新フライロッド・カタログ

現在日本で購入できるグラファイト(と少しグラス)ロッドをメーカーごとに分けて紹介します。取り上げたのは各メーカーの最新モデルとハイエンド・フラッグシップモデル。メジャーなメーカーのものは基本的に、渓流で使いそうな3番、近年充実してきた6番前後のダブルハンド、ソルトウオーターも視野に入れた8番を実際にキャストしたフィーリングも掲載しました。
どれもこれもが釣り道具としてすばらしい性能を持ちがながら、その上で個性を主張しています。これだけある中から選ぶことができる幸せな悩みを、ぜひ味わいましょう。 ほか、特集とはまったく逆方向、クラシックなハーディーのバンブーロッド39本を紹介。先達がロッド作りにどれほど情熱を傾けてきたかに触れます。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING