LOGIN

フィールドレポート【岐阜県・長良川】

2018.2.1-3

加藤力=情報提供
2018年2月に解禁した長良川(長良川中央漁協管内)のミッジングの模様を、当日の状況、フライパターン、今後の展望などを交えてお伝えします。

《Profile》
加藤 力(かとう・つとむ)
1971年生まれ。愛知県名古屋市在住。「加藤毛ばり店」を営みながら、精力的にスクールなども実施。渓流からソルトまでさまざまなフィールドの釣りに精通しているが、解禁初期の時期は、繊細なライズフィッシングを楽しむことが多い。
●加藤毛ばり店 http://www.katokebari.com/

解禁日、長良川中央漁協管内の支流、武儀川でライズしていたアマゴ
武儀川、宝見橋のプール。フラットな水面に立ち込んで、波紋をねらう

この日メインとなった24番のミッジ。ストマックのユスリカ・ピューパに合わせた

長良川本流、雪がちらつく中、キャストを繰り出す。(長良川・関観光ホテル前)

状況

解禁日(長良川中央漁協)に向かったのは、長良川支流の武儀川・宝見橋付近のポイント。

橋の下が大きなプールになっていて、川幅は広いところで約50m、長さは600mほどもあり、大人数でも充分楽しめるフィールド。毎年解禁前日にシラメとアマゴが放流され、プールのあちこちでライズを見ることができる。

朝7時に到着すると、プールにはルアーやエサの釣り人が川岸に並び、すでにサオを曲げていた。さっそく間のスペースに入れてもらい、ライズ待ちの態勢に。

7時30分頃から、ポツポツとライズが起こり、#20ほどのカワゲラの流下が始まった。解禁日の魚たちはとても素直で、フライへの反応もよい。開始早々6連続で水面が割れ、幸先のよいスタートとなった。周囲のフライフィッシャーたちも続々と初ものを釣りあげ、スマホで撮影された魚が次々とSNSを賑わした。

ここ最近放流される魚はアマゴがメインで、シラメは少ない。放流量は例年どおりだというが、アマゴはシラメに比べて頻繁にライズしない傾向があり、この日は1日中ライズが見られるような状況ではなかった(天然のシラメは例年11月に河口付近まで下ってしまうため、解禁時期に釣れることは少ない)。

このほかにも、2月の2~3日には長良川本流の早期の代表的なポイントでもある「美濃橋」や「関観光ホテル前」のプールでもハッチがあり、多くのフライフィッシャーが早春の釣りを楽しんでいた。


毎年解禁日には長良川水系のミッジングに足を運ぶ加藤力さん(加藤毛ばり店)。今年の解禁日はどんよりとした曇り空で、ライズ日和となった

タックルシステム

タックルは、川の規模に合わせて遠投用と近距離用を用意しておく。おすすめは8フィート#3(小規模ポイント用)~9フィート#5ロッド(遠投用)。

ラインはフローティングがメインで、遠投用としてはシューティングヘッド・システムなども準備している。ただし強風などで1日ライズが期待できない時も多いため、インターミディエイトなど、中層を探れるラインも用意しておくと、ボウス逃れに一役買ってくれる。

リーダーは6~7X・14フィートを基本とし、ティペットはフライサイズ、魚のスレぐあいに合わせて7~10.5Xまで使い分けている。

釣行データ

●釣り人……加藤 力(愛知県名古屋市/加藤毛ばり店
●日時……2018年2月1日 午前7時30分ごろから徐々にライズがスタート
●天候……曇り(無風)/朝の気温は4℃
●場所……岐阜県・長良川支流武儀川(宝見橋周辺)

今後の展望

これからの時期、シラメ、アマゴは広範囲に川を移動するので、放流場所の前後にあるプール、瀬などがねらいめとなる。虫のハッチが多くなる10時頃に、河原を歩いてライズを捜すスタイルが効率的。

暖かい日には#16前後のコカゲロウや小型のカディスも現われるので、そうしたフライパターンも用意しておきたい。特に黄色ボディーのフタバコカゲロウ・パターンはボックスに忍ばせておきたい。

また、3月後半よりアマゴの型がグッとよくなり、砲弾のような魚体に変化していく。この時期からが、ハッチ量も増え、長良川のマッチング・ザ・ハッチが本格的なシーズンを迎える。

解禁日直後の2月の第一週、支流の武儀川、長良川本流で初ものを手にしたフライフィッシャーたち。水温が上がる10時ごろからハッチが本格化した

ハッチ&フライパターン

解禁当初の時期に流下する虫は、カワゲラ、ユスリカ、ブユなど。ハッチはカワゲラ(ストーンフライ・ニンフ)から始まり、次にユスリカ(ピューパ)、午後から夕方にかけてユスリカ(アダルト)、ブユ(アダルト)が流れる。

午前中は比較的大きめのニンフなどが捕食されやすく、午後になると#30前後のユスリカ、ブユなどがメインとなる。

ユスリカ・ピューパ
●フック……ジャスティス2210 #24~30 
●スレッド1……12/0-16/0 ホワイト(ボディー下地)
●スレッド2………12/0-16/0 オリーブ(ヘッド)
●ポスト……CDC・ナチュラルブラウン
●ボディー……CEボディーレースSS、S・オリーブ


オナシカワゲラ・アダルト 
●フック……ジャスティス2210 #18~20
●スレッド……12/0 ブラウン
●ボディー(エクステンド)……CEボディーレースS・オリーブ(またはブラウン)をネジってボディー形状にする
●ポスト……CDC・ナチュラルブラウン
●ソラックス……シールズファー・プラスダブ(オリジナルのブレンドダビング材)・ゴールデンオリーブ(またはブラウン)
●ウイング……ミッジ&メイフライシート(2枚)


ブユ・アダルト
●フック……ジャスティス2210 #24~30 
●スレッド……12/0~16/0 ブラック 
●ポスト……CDC・ナチュラルブラウン
●ボディー……CEボディーレースS・シャックグレー
●ウイング……ミッジ&メイフライシート


マイクロカディス
●フック……TMC112Y #17~19
●スレッド1……12/0~16/0 ホワイト(ボディー下地)
●スレッド2……12/0~16/0 ブラック(ヘッド)
●ボディー……CEボディーレースS・ライトグリーン
●ハックル……コックネック・ブラック
●ウイング……CDC・ナチュラルブラウン


フタバ・イマージャー
●フック………TMC212Y #19
●スレッド……ヴィーバス 16/0・ライトケイヒル
●テイル……ズィーロン・ライトダン
●ポスト……エアロドライウィング・FLオレンジ
●アブドメン1……ヴィーバス ボディークイルスレッド No.9
●アブドメン2……シマザキ ストレッチボディ・フタバイエロー
●ウイング……ミッジ&メイフライシート
●ソラックス……シールズファー・プラスダブ(オリジナルのブレンドダビング材)・イエロー


シンセティックウイング・ダン
●フック……TMC212Y #13
●スレッド……ヴィーバス 16/0ブラウン
●テイル……ズィーロン・ブラウン
●ポスト……エアロドライウィング・シナモン
●アブドメン……ワイルドターキー・ブラウン
●ウイング……イマージャーファイバー・ブラック(マルチグルー&瞬間接着剤止め)
●アンダーハックル……パートリッジ
●ソラックス……シールズファー・プラスダブ(オリジナルのブレンドダビング材)・ブラウン



2018/2/7

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING