LOGIN

もっと軽く! #1という選択

ライトタックルで東北釣り歩き

岡本哲也=出演

岡本哲也さんが#1ラインのタックルで東北の渓流を釣り歩きます。

15年以上、#1タックルを使っているという岡本さん。ライトタックルの利点は、ラインの表面積が小さいぶん、ドラッグが掛かりにくいこと、そして軽いのでメンディングをしやすいことだといいます。そして、そんな道具立てのメリットを味わうように、次々とイワナ、ヤマメをヒットさせていきます。

ラインインパクトも少なく、より軽快に釣り上がれるようにしてくれたというライトタックル。もちろん、そんなタックルでは魚が掛かった後のやりとりの楽しさもひとしお。

また、今回多くの反応があった巻き返しのポイント攻略や、フライが落ちた直後に入れるラインを跳ね上げるメンディングのコツについても、詳しく解説しています。

出演:岡本哲也
収録時間:16分38秒

(FlyFisher2015年9月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。






2017/1/22

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING