LOGIN
海人スタイル奄美

和氣恒久さんのシーバス用ラインシステム

名手は何を気にしてどのようにラインを組んでいるのだろうか。ここでは和氣恒久さんのシーバス用ラインシステムをご紹介します

写真と文=和氣恒久
Profile 和氣恒久さん

国内外のソルトウオーターFFに明るく、米国フロリダ州で開催されるゴールドカップ、ゴールデンフライカップに出場するなど、精力的に活動している。NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)常任理事。大阪府在住

 

 

巨大なフライで、巨大なシーバスを釣りたい

flyfisher photo

私にとってラインシステムというと、まずフライラインから先のバットセクション、クラスティペット、ショツクリーダーが思い浮かんでしまう。この部分を特に意識している理由は、私のなかでIGFAルールを遵守するというこだわりから。もちろん今回紹介するビックフライのラインシステムもIGFAルールに沿ったものだ。

少し話がそれるが、これまで私のフライフィッシング人生において、バッキングラインから先のフライラインのシステムをあまり考えてこなかった。これは私が使うロッドがシングルハンドで、使用するフライラインもフルラインが中心だったため。ショックアブソーバーの目的で、バッキングラインとフライラインのナイロンラインを途中に入れることも稀だった。

しかし近年、ビッグフライをできるだけ遠くからリトリーブしたいという思いから、ボート用のダブルハンドを自作して試行錯誤するようになった。まったくのダブルハンド初心者が、いきなりブランクを組み、仕上がったサオにラインを合わせるのはジグソーパズルのピース捜しから始めるようなもので、無駄に遠回りもしたように思う。それでも何となく形になってきたところで、ようやく全体のラインシステムを検討するようになった。

まず目的は全長30~40cm、重量20g前後という非常識なフライ(笑)を30m前後、追い風なら40mくらいキャストすること。現在これはクリアできているので、とりあえず目差す方向性は間違っていないと思っている

なにゆえにこんな無茶なことをしているのかというと、大型のベイトを捕食する、メーター級のシーバスをねらっているからだ。もちろん誰にでも勧められるものではないが、個人的には挑戦し続けてみたいと思っている。

 

 

大型シーバス用のラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/6/16

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING