LOGIN
ささきつりぐ

戸澤求さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。ここでは戸澤求さんの湖(ドライ)のラインシステムをご紹介します

戸澤求=写真と文
Profile 戸澤 求(とざわ・もとむ)

「シューティングスペイ」「デルタシューティングメソッド」を広め、湖の釣りを大きく変えた戸澤さん。最近はまた違う領域で楽しんでいる。しかし、キャスティングやロッドとラインのバランスを追求する姿は変わらず。

 

 

グラスロッドでヘビーなフォームアントを投げてリトリーブ。「マスバギング」のシステム

flyfisher photo

もうすぐ還暦を迎える私は、今は水に浸かる釣りもドーンと沈めて引っ張る釣りもほとんどやらない。そんなわけで、グラスロッドで、湖に入らず、ヘビーなドライフライを、楽に投げるシステムを多用し、いつでもトレッキングシューズ歩きながら楽しんでいる。

キャスティングは専ら水面にリーダー&フライをコンタクトさせるスタイル。ご承知のとおりグラス素材はよく曲がるが、さすがに短めのロッドをバットまでしっかり曲げるにはそれなりの荷重が必要で、いろいろやってみたが指定番手よりも重いラインを乗せるとよい感触で投げられることがわかった。ラインの長さもロッド長の3.2 倍辺りがゆったりしたストロークとのバランスが取りやすいと感じている。重いラインで努めてゆっくり投げると変な振動が消えてバットへの荷重も充分に掛かって投げやすくなり、システムの重さの割に腕も楽になる。

 

 

ラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/5/15

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING