LOGIN
Little Bell

高橋啓司さんの季節別ドライフライ

いつ、どこで、どんなものを結べばよいのかがわかるフライパターン集です

解説=高橋啓司

※この記事はFLY FISHER No.194を再編集したものです

 

 

解説

高橋啓司(岩手県花巻市在住)

主要河川は岩手県石川水系、須ヶ石川水系、稗賀川、和賀川水系、気仙川水系。早春の時期は、岩手県沿岸の気仙川水系が水温高く、コカゲロウなどのハッチが多いためマッチング・ザ・ハッチの釣りが楽しめる。春から初夏は県内の河川ならどこでもよい時期だが、特に要石川水系は支流が多いので釣り場に困ることはない。夏から秋は稗貫&和賀水系の本支流の上流部がおもしろい。

 

春:コカゲロウ・ソラックス

flyfisher photo

型崩れが少なく、視認性が高いターキーフラットをウイングにしている。正面から見るとボディーより細く、空気抵抗が少ない、投射性と視認性を兼ね備えたパターン。

 

Material

フック……TMC100#16~18

スレッド……8/0オリーブ

テイル……バーサテール

ボディー……スーパーファインダビング各色

ウイング……ターキーフラット

ハックル……コックネック・ライトダン

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックすると電子書籍を取り扱っているサイト(Fujisan)へジャンプします。

FLY FISHER No.194 発売日2010年01月22日

【特集】Choices 季節を追う地元エキスパートのドライフライ

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2023/8/1

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING