LOGIN
ささきつりぐ

渋谷直人さんの季節別ドライフライ

いつ、どこで、どんなものを結べばよいのかがわかるフライパターン集です

解説=渋谷直人

※この記事はFLY FISHER No.194を再編集したものです

 

 

解説

渋谷直人(秋田県湯沢市在住)

主要河川は鳥海山周辺、秋田県遊物川水系各支流、岩手県・宮城県の各本支流など。遊物川水系役内川のベストシーズンは6~7月。6月に入ると雪代が落ち着き、オオマダラのハッチが始まる。この頃になると上流から下流までどこでもよくなる。7月に入るとアントが効果的で、特に夕立後は大量流下があり、川全体が湧きあがるほど。上流部では日中でも終日、羽アリが流下するため、忘れずにボックスには入れておきたい。

 

 

スクールも予約受付中です

flyfisher photo 詳細は画像、またはここをタップ

 

 

春:CDCスペントダン

flyfisher photo

ウイング部分は事前に濡らして水に馴染ませてから使用する。スピンしやすいフライだが、ライズの釣りではフォルスキャストの数が少ないためほとんど問題にはならない。

 

Material

フック……TMC112Y#17

スレッド……16/0クリーム

アブドメン……グースバイオット・オリーブ

ソラックス……スーパーファインダブ・ブラウン

インジケーター……CDCナチュラルホワイト

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックすると電子書籍を取り扱っているサイト(Fujisan)へジャンプします。

FLY FISHER No.194 発売日2010年01月22日

【特集】Choices 季節を追う地元エキスパートのドライフライ

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2023/8/3

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING