LOGIN
ささきつりぐ

里見栄正さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは里見栄正さんの渓流(ドライ/ニンフ)のシステムをご紹介します

里見栄正=写真と文
Profile 里見栄正(さとみ・よしまさ)

日本の渓流フライフィッシングを牽引してきたひとり。ティペットコントロールは変幻自在。シマノ・インストラクター。同社の低番手ロッドの監修も手掛けている。今や当たり前になっているルースニングの考案者でもある。

 

 

フライの空気抵抗も利用して、cm単位でティペットをコントロールするバランス

flyfisher photo

正直、ほとんどの流れはリーダーの全長は16フィートちょっとで足りると思っているが、自分できっちり計っているわけではない。だいたいは17フィートくらいで使っているのではないだろうか。逆に18フィートが私が扱える限界。それ以上になるとcm単位でフライを落とす場所をコントロールしながら、先端部を曲げたり固めたりといった細工ができなくなる。これ関しては、リーダーのテーパー形状以上に、フライの空気抵抗で変わってくるし、ドライの場合それありきでティペットをコントロールしている。私の場合は90%くらいパラシュート。ずっと使い続けているので空気抵抗の具合も読める。また、まっすぐキャストすることがほとんどないので、リーダーが人よりコイルしやすいのはないかと思っている。手で伸ばせば元どおりになりやすいことが、スタンダードリーダーを選んでいる何よりの理由だ。

 

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/4/13

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING