LOGIN
海人スタイル奄美

岡本哲也さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは岡本哲也さんの渓流(ドライフライ)のシステムをご紹介します

岡本哲也=写真と文
Profile 岡本哲也(おかもと・てつや)

東京在住ながら、シーズン中はほぼ東北を釣り歩いている。本稿にあるように道具立ては非常にライト。それに伴い常用するフライも比較的薄く、ライトに巻かれている。がまかつフィールドテスター

 

 

3番でのロングティペット・リーダーの釣りを1番でやりたい。

flyfisher photo

1番ロッド、ラインによるドライフライフィッシング。リーダーについては、2種類を渓流の規模と、流れの表情から使い分けている。それはロッドも同じで、8フィート10インチと7フィート10インチを使い分ける。いくつかの流れの筋がある、ある程度広めの流れでは、ロッドは8フィート10インチと7フィート10インチの両方を使い、リーダーは、15フィートにティペットをプラス3~5フィート。流れの筋がメインの1本のみといった、狭めの渓流では7フィート10インチのロッドにリーダーは10フィート、ティペットをプラス4~6フィート。

ねらい方は、ほぼアップクロス。狭めの渓流ではおのずとアップがメインになる。「短いリーダーでもティペットは長く」を意識している。

 

 

広めの流れ用のラインシステム

flyfisher photo ロッド

・ライトスタッフ OT810-1 岡本ロッド 8ft10in #1

・ライトスタッフ OT710-1 岡本ロッド 7ft10in #1

 

ライン

SA ウェーブレングス Jストリーム DWF #1

 

リーダー

フジノライン ウルトラミディアムリーダー 10ft 5X

 

ティペット

フジノライン AQナイロンティペット5~8X 3~5ft

 

ノット

・バッキングラインとフライライン

3~4回転のネイルノット

渓流の釣りではこの部分の結束が問題になることはまずない

 

・フライラインとリーダー

スプライス

flyfisher photo

①スプライサーでフライラインの先端から5mmくらいの位置で穴を空ける

②リーダーのティペット部を先に通す

③最後にバット部の端をターボライターであぶりコブを作って引っ張る。今のところ尺上のヤマメで抜けたことが1度だけあるので、心配な方は瞬間接着剤を塗るとよい

 

・リーダーとティペット

たわら結び

 

 

狭い流れ用のラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/3/23

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING