LOGIN
海人スタイル奄美

仲野靖さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。ここでは仲野靖さんの本流(ウエット/ストリーマー)のラインシステムをご紹介します

仲野靖=写真と文
Profile 仲野 靖(なかの・やすし)

OPST R&Dスタッフ。強いアタリにこだわるスイングの釣り、いわゆるスカジットスタイルに精通し、同社のさまざまなタックルやツールの開発に携わる。北米のメソッドを日本でアジャストするべくフィールドへ通っている。

 

 

スティールヘッドを釣るためのメソッドをニジマスにサイズダウンしたマイクロスカジット

flyfisher photo

ピュアスカジットが6番以上のスティールヘッド用、マイクロスカジットは5番以下のトラウト用に設定しているが、ここではマイクロについて紹介したい。個人的にラインはギリギリ軽く、細いものを使いたいと考えているが、ランニングラインはその逆で、細かいポイントをねらっていくニジマスの釣りではラインを置き直すことも少なくないので、50lbまでを使用し「メンダビリティー」を高めている。ティップの長さ、シンクレートの選択は「その場に応じて」と表現しかできないが、ラインやフライが底に触るのがキャストしてすぐなのか、スイングの途中なのか、流しきった後(ダングル)なのか、は最低限の基準としている。ダングルで底に触る状態が基本的にはチャンスと認識している。ラインのサイズは流れを見ただけで判断することは無理なので、必ず釣りながらアジャストしていくよう心がけている。

 

 

マイクロスカジット

flyfisher photo ロッド

・OPSTマイクロスカジットロッド 9ft9in #3

・OPSTマイクロスカジットロッド 10ft #4

・OPSTマイクロスカジットロッド 10ft4in #5

 

バッキングライン

ダクロン 40LB

巻く量はリールサイズに合わせるが、クラシックリールを使う場合はなるべく太いものをセレクトする。細いものを使うと強い力がかかるとスプールが割れてしまうことがある

 

ランニングライン

OPST レーザーライン30-50LB 25~50m

 

スカジットヘッド

・コマンドヘッド、コマンドグルーブ150~225grもしくはコマンドスムース150~225gr

・マイクロコマンドティップ各サイズ

 

リーダー

①OPSTフロロカーボンメガストロング18LB(-2X)~20LB(-3X) 100cm

②OPSTフロロカーボンメガストロング16LB(-1X)20cm

③OPSTフロロカーボンメガストロング16LB(-1X)20cm

④OPSTフロロカーボンメガストロング8LB(3X)~12LB(0X) 30cm

 

ノット

・バッキングラインとランニングライン

フィッシャーマンズノットもしくはオルブライトノット

・ランニングラインとスカジットヘッド

ループ・トゥ・ループ(直径15~20cmのトリプル・サージャンズループ)

・スカジットヘッドからリーダー①

ループ・トゥ・ループ

・リーダー②~④

トリプル・サージャンズノット

 

 

ピュアスカジット

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/4/24

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING