LOGIN
ささきつりぐ

村島徳治さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは村島徳治さんの渓流(ドライフライ)のシステムをご紹介します

村島徳治=写真と文
Profile 村島徳治(むらしま・のりはる)

群馬県前橋市のプロショップ「アクロポリス」勤務。バンブーロッドにも造詣が深く、彼の釣りのスタイルに影響を受けた人多数。一番下の写真はリーダーとラインの接続部。接点をエポキシでなだらかにしている。http://www.bamboorod.jp/

 

 

ノッテッドにこだわるわけでもないが、使い続ける理由は「慣れ」ということか

flyfisher photo

私はノッテッドリーダーを使っている。ドリフトを考えるとバットは細いものがよいと考えている。山でイワナを釣る場合、ロッドが短くなるので、極端な場合リーダー・ティペットを合わせても10フィート以下になることも少なくない。

クモの巣は取れないし、藻は引っかかるし、マキシマという素材は重いのでよく沈む。それでも使い続けているのは、このリーダーシステムを身体や目が覚えているということ。いつもと違うテーパーにすると、フライが着水する位置やスラックの量が変わってくるなどの不具合が起こる。これは要するに自分に柔軟性がなくなってきているということかもしれない。イトの沈みに関しては、リーダーにこまめにフロータントを塗ることで対処している。釣りの最中はフライよりもリーダーにフロータント塗っているほうが多い気がする。

 

 

ラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/4/3

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING