LOGIN
Bibury Court

森岡正さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。ここでは森岡正さんの湖(ストリーマー)のラインシステムをご紹介します

森岡正=写真と文
Profile 森岡 正(もりおか・ただし)

中禅寺湖だけでなく、大ものを求めて朱鞠内湖まで足を伸ばす。大型のフライを底ギリギリでリトリーブしてくるのは、単純なメソッドに思えるかもしれないが、実はキャスティング、リトリーブ、フライパターンなどさまざまな要素が問われる。埼玉県在住。

 

 

大型レイクトラウトねらい。キールパターンを底まで落としてリトリーブする

flyfisher photo

メインロッドは15フィート#10。重い大きめのキールフライ(8~10cm)をカケアガリの奥へ30~40m以上遠投し、しっかりとターンさせてから60~120秒カウントダウンして底までフライを落としたいと考えているから。一見ヘビータックルかと思われるが、湖の沖、そしてベタ底にいる大型レイクに的を絞りこのタックルになった。

ラインはバリバス3セクションスペイヘッド(廃番品)#8/9と#9/10(どちらもボディー後方1.2mカット+シンクティップ3~6m)全長約11m前後を風の状況に合わせて使っている。

ランニングラインのヨレ防止としてスペイヘッド後方にNTパワースイベル(#7)を装着している。これでヨレはなくなり1日快適に釣りができるようになった。 スイベルとランニングラインの接続がダブルクリンチノット。これで強度も問題なく、破損、断裂は一度もない。

 

 

ラインシステム

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/5/9

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING